二上達也棋聖(当時)出題、「30分で解ければアマ名人クラス」の懸賞詰将棋

将棋世界1982年7月号、野口益雄編集長(当時)の編集後記より。

 四段コースの受験者は約4,000人ですが、5月号の3題正解者がただ一人というのには仰天しました。出題棋士によって難問ぞろいの月がありますが、たった一人とは初めてです。

 前月号も関根八段が「ボクの力の限界の会心手の問題集だよ」という難問いっぱいの月だったので次号の発表を今から心配しています。

 今月号の出題は西村七段です。「私は読者の味方ですよ、安心しなさい」と胸をたたいておられたが、さあ、どうなるやら。

 難問といえば、二上詰将棋空前の難題「30分でアマ名人クラス」が出ました。傑作なんですが幾人応募者がありますかナ。

——————

将棋世界1982年7月号、二上達也棋聖(当時)の「懸賞 詰将棋」より。

30分でアマ名人クラス

——————

この当時のアマ名人は小池重明さんだが、「30分でアマ名人クラス」の詰将棋と聞いて、かえって闘志を燃やす人と、はじめから諦める人と、大きく二つに分かれると思う。

詰将棋が苦手な私は当然のことながら後者。30分でアマ三段でも諦める。

しかし、この回は応募総数1,784通、正解数627通(正解率35.1%)と、いつもよりも反響が大きかったという。

それにしても、アマ名人クラスが日本に627人もいるとは思えないのだが、普段は応募しないような方々も気合いを入れて解いたのかもしれない。

正解は、解説付きでここから少し下にあります。

 

 

 

——————

将棋世界1982年7月号、二上達也九段の「懸賞詰将棋解答」より。

〔解答〕

▲5二飛△3二金合▲3一角△同玉▲4二馬△同金▲4三桂△2二玉▲4二飛成△3二飛合▲3一銀△1三玉▲1二金△同飛▲同竜△同玉▲3二飛△1三玉▲2二飛成まで19手詰。

 7月号の編集後記に「空前の難題」とあって、皆さんファイトを燃やしたらしく、応募ハガキは沢山ありました。

 あるプロ高段者が「詰まないネ、こういう実戦型に近い形の作は奇抜な手はないはずだが……」と首をひねっていました。しかし常識を超す手があったのです。5手目の△4二馬がその絶妙手。

 初手から5手目まで、まぎれが非常に多く、6手目以後はやさしい手順です。

 読者や知人から「解けたゾ」の喜びの電話やら「本当に誤植じゃないですね」の電話やら、いつになく反響の大きい問題でした。なお1五歩の配置は、という質問がありましたが、この歩がないと、▲3一玉△同玉▲4三桂△2二玉▲3一角△1一玉▲3三馬以下の詰みが成立します。(編集部)

 

 

将棋関連書籍amazonベストセラーTOP30(2017年4月29日)

amazonでの将棋関連書籍ベストセラーTOP30。