2017-04-17

読む

戦慄の石田流破り応用編

将棋世界2002年1月号、河口俊彦七段(当時)の「新・対局日誌」より。  この日も、特別対局室で丸山名人が行方六段と対戦している。  戦型は十八番の「横歩取り」。両者慎重に指し進めて、1図となった。行方六段が▲6六歩と突いたところだ...
タイトルとURLをコピーしました