2017-04-26

読む

木村一基五段(当時)「いやあ、ひどい目に遭いました」

将棋世界2002年1月号、河口俊彦七段(当時)の「新・対局日誌」より。  大崎善生君が『将棋の子』で講談社ノンフィクション賞を受賞し、東京會舘で授賞式があった。  出かけると、例年とちがって将棋界関係者がやたら多い。文壇のパーティー...
タイトルとURLをコピーしました