2017-04-02

読む

「18歳の真部さんを見て、東京は凄い所だな、と思わされた」

将棋世界2000年10月号、鈴木輝彦七段(当時)の「師と私(上)」より。  塾生としてスタートしたその日に、将棋界の特異性に出会う。初めて塾生以外で会った人は三段だった真部さんだ。  この出会いが、私の人生を変えた。悔いはないが、会...
タイトルとURLをコピーしました