「もし本命の彼女とデートするならどの場所で」の質問への佐藤康光二冠(当時)の回答

将棋世界2003年3月号、「Q&A 佐藤康光棋聖・王将に聞く」より。

1.奨励会時代、目標にした棋士。 

米長邦雄

2.奨励会時代、羽生少年との印象深いエピソード。 

電車に乗っていても詰パラを解いていたので、よく勉強する人だなと思った。

3.四段に昇段したとき、A級昇級の目標を何年後に設定したか。 

30前

4.平成5年度に竜王を獲得したときの賞金の主な使い道。 

車と和服

5.「緻密流」という名称の率直な感想。

光栄です

6.天野宗歩の将棋についてどう思うか。

素晴らしいと聞いているが、まだ研究した事がない

7.1億手読むと言われているが、実際はどれぐらい。

ちょっと足りないかな

8.対局で縁起をかつぐことはあるか。

ある

9.このたびの竜王戦での阿部隆七段の大健闘について一言。

兄弟子惜しかった。が、また次がある。羽生竜王とはフルセットを戦った事がないので、その点はうらやましい

10.大の巨人ファンとのことだが、好きな巨人の選手。

高橋由伸

11.大リーグでの松井の予想ホームラン数。

45本

12.ゴルフのハンディと最高スコア

ハンディ29。最高83

13.好きなバイオリン曲。

バッハ『2つのバイオリンの為の協奏曲

14.もし本命の彼女とデートするならどの場所で。

まだ一度も行った事がないディズニー・シーかUSJ

15.タイトル戦で着る和服は何着ぐらい。また好きな色は。

20着。ブルー系

—————

平成5年度に竜王を獲得したときの賞金の主な使い道で「車と和服」という回答になっているが、佐藤康光竜王(当時)は、東京ドームでの棋士・奨励会員チーム「キングス」VS連盟職員チーム「バッカス」の野球の試合も開催している。

佐藤康光竜王(当時)が実現した東京ドーム草野球

—————

1999年、佐藤康光名人(当時)は、高橋由伸選手の色紙を入手している。

佐藤康光名人(当時)「また私の許可もなく書きましたね」

ちなみに、2016年、郷田真隆王将(当時)防衛に際して、主催紙のスポニチ紙上に高橋由伸監督からのお祝いコメントが掲載されている。

初防衛・郷田王将も絶句!巨人・高橋監督からお祝いコメント(スポニチ)

—————

2003年、大リーグ1年目の松井秀喜選手のホームラン数は16本、打率は.287だった。

佐藤康光九段は、高橋由伸選手デビュー以前は松井秀喜選手のファンだったという。

—————

東京ディズニー・シーには2001年12月に一度だけ行ったことがある。

真冬の強風の日だったので、ギョウザドッグがこの世のものとは思えないほど美味しかった。

本命の彼女とデートするのに適しているかどうかはケースバイケースだと思う。

 

 

タイトルとURLをコピーしました