田中邦衛さんの将棋

「北の国から」への手紙』に収録されている、田中康子さん(田中邦衛夫人)の「『北の国から』ありがとう 夫・田中邦衛へ 」より。

『北の国から』が終了して、早くも一年以上になりますね。

 その後もあなた宛に、たくさんの方からお手紙が届きます。会いたいとかお話を聞きたいとか、みなさん熱烈なファンの方ばかりで。

(中略)

 あなたも長く留守にすることがなくなり、最近は、台本を覚える合間の気分転換のウォーキングと、「気持ちがいいから」という庭の草取りが気に入っているようですね。

 それから、私とする将棋。これは私のほうが少し強いですけどね。でも、あなたといると飽きないんです。

(以下略)

—————

一昨日、14年振りに読んだ本に将棋のことが書いてあったことに気づき、嬉しくなった。

田中邦衛さんが、奥様と将棋をやっていたのだ。

—————

『北の国から』が終了してから15年が経つ。

『北の国から』は1981年10月からフジテレビ系で連続ドラマとして放送が開始された。

私は倉本聰さんのファンだったし、フジテレビの心情的ファンでもあったけれども、1981~1982年の時点で『北の国から』は一度も見なかった。

帰りが遅かったということもあるが、積極的に見たいテーマではなかったから。

その後、スペシャルドラマとして何度も放送され、二度くらいは見たが、場面によっては泣いたかもしれないが、重く明るくないドラマのような感じがして、敬遠をしていたと思う。

—————

この状況が一変するのが2003年12月。知人の女性歌手のコンサートが新富良野プリンスホテルのチャペルであるというので、わざわざ見に行った時。

一日目の夜、コンサートが終わった後にホテルの売店へ立ち寄ってみると、富良野を舞台にした「北の国から」のビデオをレンタルしていた。

本場で本場のビデオを見るのも悪くないと思い、『北の国から’95秘密」のビデオを借りて部屋で観た。

テレビで一度見ていたが、あらためてじっくり観てみると非常に素晴らしい内容。宮沢りえさんが薄幸だが健気な女性役を好演している。ボロボロと涙が出た。

あっという間の3時間が過ぎ、腫れた目で『’95秘密』を売店へ返しながら『’98時代』を借りる。

5時間があっという間に過ぎた。

泣きっぱなし。

翌日、雪が降る富良野市内を猛烈に歩き回りたくなった。

ホテルからタクシーに乗って運転手さんと話をすると、田中邦衛さんが、ドラマにも登場する「三日月食堂」の醤油ラーメンが大好物であることを教えてくれた。

さっそく「三日月食堂」へ行って醤油ラーメンを食べる。

北の国から資料館(2016年8月末閉館)へも行った。

二日目のコンサートが終わった後、少し飲んで、すぐに売店へ行き『’02遺言』を借りた。『北の国から』シリーズ最終回。

東京へ戻ってから、『’83冬』『’84夏』『’87初恋』『’89帰郷』『’92巣立ち』『’95秘密』『’98時代』『’02遺言』、連続ドラマを除くすべてのDVDを買った。

完全な『北の国から』フリークと化してしまった。

—————

あれから14年、なぜかまた『北の国から』を観たくなった。

そして、『’83冬』から『’02遺言』までを観た。

たまらなくなって、14年前には観ることができなかった連続ドラマ24話もすべて観た。

最高だった。

よりによって月末には引っ越しをしなければならないのに。

このような時期だから、かえってこのようなことに逃げ込んでしまうのかもしれない。

—————

去年の今頃は『ゴッド・ファーザー』に熱中していた。

しかし、ゴッド・ファーザーPART1~PART3は9時間で済む。

『北の国から』はその5倍。

もう観終わったので、引っ越しを頑張ろう。

 

 

「田中邦衛さんの将棋」への1件のフィードバック

  1. いいドラマでしたよね。
    視聴率だけなら、あの作品よりも上のものもあるでしょうが、フジテレビ、いやいや日本の放送文化の傑作の一つでしょうね。

コメントを残す