屋敷伸之九段が中学時代に出場した「ロスツアー記念将棋大会」

将棋マガジン1985年7月号グラビア「ロスツアー記念将棋大会 若林久雄さん(東京)が優勝」より。

 優勝者に第46期棋聖戦第2局観戦を含むツアー無料招待のごほうびが出るとあってか、腕に自信の69名が参加してハイレベルの大会になった。アマ強豪で知られる人が早々と姿を消していったなかで、見事に優勝をさらったのは66歳の若林久雄さん。昭和27年、第6回アマ名人の実績をもつ若林さんだが、年齢を考えるとやはり快挙と言えるだろう。おめでとうございました。

左端が3位に入賞した屋敷伸之少年(13歳)。撮影は中野英伴さん。

* * * * *

優勝すればロサンゼルスで行われる棋聖戦〔米長邦雄棋聖-勝浦修八段〕第2局の観戦ツアー招待という、海外旅行好きな人ならば血湧き肉躍る豪華将棋大会。

中学1年の屋敷伸之少年もロス行きを目指したが、準決勝で元・アマ名人の若林久雄さんに敗れ、惜しくも3位。

* * * * *

その観戦ツアーの行程は次の通り。

ロスアンゼルス将棋の旅

企画 日本将棋連盟
主催 日本交通公社
協賛 サンケイ新聞社
同行棋士 大山康晴十五世名人、加藤治郎名誉九段、二上達也九段、佐瀬勇次八段 他

Aコース 298,000円
Bコース 376,000円

1985年6月28日(金)
空路直行便にてロスアンゼルスへ
着後:ロスアンゼルス市内観光(途中市内レストランにて昼食)の後ホテルへ
ウエルカム・パーティー
(ホテル・ニューオータニ泊)

6月29日(土)
終日:全米アマ選手権、およびロス・アマ棋聖位決定戦
(ホテル・ニューオータニ泊)

6月30日(日)
終日:棋聖戦第2局観戦、大盤解説および指導対局、日米アマ親善将棋大会
(ホテル・ニューオータニ泊)

7月1日(月)
Aコース
終日:自由時間
※各種オプショナルツアーにご案内します。
(ホテル・ニューオータニ泊)
Bコース
午後:ロスアンゼルスから航空機で出発し、ラスベガスへ
(ラスベガス泊)

7月2日(火)
Aコース
終日:自由時間
※各種オプショナルツアーにご案内します。
フェアウエル・パーティー
(ホテル・ニューオータニ泊)
Bコース
ラスベガスを航空機で出発し途中グランドキャニオンを観光の後ロスアンゼルスへ
着後:自由時間
フェアウエル・パーティー
(ホテル・ニューオータニ泊)

7月3日(水)
空路直行便にて帰国の途に
(機中泊)

7月4日(木)
着後:成田空港にて解散

* * * * *

BコースとAコースの違いは、ラスベガスへ行くか行かないか。

ツアーに同行した森雞二八段(当時)は、ラスベガスのカジノへ行って大勝負を張ったが、持ち金が無くなってしまうほど負けてしまったと伝えられている。

 

 

タイトルとURLをコピーしました