第30回将棋ペンクラブ大賞

第30回将棋ペンクラブ大賞が下記の通り決定致しました。(敬称略)

〔観戦記部門〕

大賞

大川慎太郎

第30期竜王戦決勝トーナメント1回戦 藤井聡太-増田康宏(読売新聞)

〔文芸部門〕

大賞

杉本昌隆

『弟子・藤井聡太の学び方』(PHP研究所)

優秀賞

柚月裕子

『盤上の向日葵』(中央公論新社)

〔技術部門〕

大賞

藤井猛

『四間飛車上達法』(浅川書房)

優秀賞

永瀬拓矢

『全戦型対応版 永瀬流負けない将棋』(マイナビ出版)

〔特別賞〕

山本一成 『人工知能はどのようにして「名人」を超えたのか?』(ダイヤモンド社)

「知恵とは」という問いに将棋との対峙によって新たな世界を切り開いたその過程を、平易かつ鮮烈に描いた表現に対して。

 

※最終選考委員
木村晋介(弁護士・作家) 西上心太(文芸評論家) 所司和晴(棋士)

——————

将棋ペンクラブ大賞贈呈式は、9月14日(金)に「レストラン アラスカ パレスサイド店」で行われます。

第30回将棋ペンクラブ大賞贈呈式のご案内

最終選考会での詳細な選考過程・討議内容については、9月発行の将棋ペンクラブ会報秋号に掲載されます。

また、観戦記部門の受賞作品は、将棋ペンクラブ会報秋号に掲載予定です。

 

コメントを残す