第31期竜王戦第3局対局場「鹿島神宮」

羽生善治竜王に広瀬章人八段が挑戦する竜王戦、第3局は茨城県鹿嶋市の「鹿島神宮」で行われる。

中継
AbemaTV将棋チャンネル
ニコニコ生放送

鹿島神宮は、日本建国・武道の神である「武甕槌大神」を祭神とする、神武天皇元年(紀元前660年)創建の由緒ある神社。

全国にある鹿島神社の総本社でもある。

〔昼食予想〕

前夜祭が新仲家(鹿島神宮大鳥居前)で行われるので、新仲家のメニューを見てみたい。

新仲家のメニューは、海老フライ定食、天ぷら定食、うな重定食、幕の内弁当、刺身定食、焼き魚定食、和定食、特製鹿島灘沖生しらす沖漬け丼など。

予想は次の通り。

羽生善治竜王
一日目 特製鹿島灘沖生しらす沖漬け丼
二日目 うな重定食

広瀬章人八段
一日目 海老フライ定食
二日目 天ぷら定食

 

酉年生まれ棋士の大活躍

昨日、斎藤慎太郎新王座が誕生した。

斎藤新王座が誕生 3勝2敗で初タイトル、将棋王座戦(日本経済新聞)

今年に入ってから酉年生まれの棋士の活躍はめざましく、

3月、山崎隆之八段がNHK杯戦で優勝

5月、高見泰地叡王誕生

6月、渡部愛女流王位誕生

そして10月の斎藤慎太郎王座。

今年のタイトル奪取は、豊島将之二冠以外はすべて酉年生まれの棋士。

女流王座戦で挑戦中の清水市代女流六段、倉敷藤花戦で挑戦する谷口由紀女流二段も酉年生まれ。

* * * * *

今年、これらの動きとは別に(動きが起きる前に)、将棋界に「酉年の会」が発足した。

毎日新聞では、佐藤康光九段を会長として酉年の会が発足したと報道している。(幹事長的な役割は田中寅彦九段)

将棋 B級1組 山崎八段 今期5勝1敗、好調持続 酉年の棋士多数「会」発足(毎日新聞:有料記事なので途中までの表示になります)

* * * * *

もちろん「酉年の会」発足と酉年生まれ棋士の活躍はお互いに因果関係はないが、同じタイミングというのが面白い。

「酉年の会」発足のきっかけ→佐藤康光九段「酉年の会も面白そうだなあ」