2019-01-18

読む

「勝つ気なんかなかったんだよ。だけどあんたはまずすぎるね」

将棋マガジン1986年4月号、川口篤さん(河口俊彦六段・当時)の「対局日誌」より。  大山-二上戦はいつものように特別対局室で行われている。私がいったときは大山が席を外していて、二上がかがみこむようにして考えていた。無言、室内はひっそりと...
タイトルとURLをコピーしました