2019-01-23

読む

大山康晴十五世名人「ただ、今、七つのタイトルを六人で分け合っていますよね。これは、おもしろいかもしれんけれど、あまり好ましい傾向ではないと思いますよ」

将棋マガジン1986年10月号、「大山十五世名人、米長将棋を語る」より。 最近の米長将棋 大山 全体的に見て、米長さんの調子が、自分でつけたかどうか知らないが”泥沼流”という将棋とは、ちょっと離れてますよね。  今、どっちかと...
タイトルとURLをコピーしました