2019-01-22

読む

一人取り残された大山康晴十五世名人がやっていたこと

将棋マガジン1986年2月号、川口篤さん(河口俊彦六段・当時)の「対局日誌」より。  升田、大山の全盛時代、二人の対決で升田が勝ったりすると、升田の取りまきが大勢来て感想戦に口をはさみ、升田にお追従を言ってから、「さあ祝杯だ」などと叫びな...
タイトルとURLをコピーしました