羽生善治前竜王(当時)「最近、若手棋士がグループでスキーに行ったりしています」

将棋マガジン1991年4月号、羽生善治前竜王(当時)の「羽生善治の懸賞次の一手」より。

 最近、若手棋士がグループでスキーに行ったりしています。私も行きたいと思っているのですが、なかなか暇がありません。

 スキーをしたのは、生まれてから1回きり。高校生の時、修学旅行で秋田と岩手の県境、八幡平で滑っただけです。

 10人位のグループで、インストラクターに教わりました。最初は全くダメでしたが、2、3日目には何とか降りてこられるようになりました。

 今では、すっかり忘れてしまったでしょうね。若いうちに是非やりたいと思っているのですが。

* * * * *

ずっと山にこもってスキーというのが、楽しい修学旅行なのかどうかはわからない。

ただ、非日常の環境で同じ学年の友達と一緒にいるだけで楽しい、ということもあるのかもしれない。

* * * * *

きっと羽生善治九段は、この後、現在に至るまで、スキーに行く機会は全くなかったのではないかと思う。

* * * * *

下の写真は、将棋マガジン1991年4月号、林葉直子女流王将(当時)の「私の愛する棋士達 中井広恵女流王位の巻」で掲載されたもの。

前列左から、山田久美女流二段、中井広恵女流王位、林葉直子女流王将、後列右から小倉久史四段、先崎学五段、中田宏樹五段(タイトル、段位は当時)。中田五段の左側の男性が誰なのかはすぐにわからない。

どちらにしても、「最近、若手棋士がグループでスキーに行ったりしています」という一つの事例だ。

 

コメントを残す