1988年春、新三段の抱負(平藤三段、畠山鎮三段、郷田三段、小倉三段、屋敷三段)

将棋世界1988年6月号、「奨励会三段リーグレポート」より。

新三段の抱負

 今回の新参加は7名。そこで、この7人に今回のリーグ戦を戦うにあたっての抱負、それと質問等を浴びせてみた。

 まずは関西勢から。

―関東勢との対局、一戦交えた感想は?

平藤三段「棋風が分からず、とまどいを感じました」

―展開は、どのようになると思いますか?

「最後の最後まで、分からないと思います。ガンバリたいです」。

(中略)

 残る一人、畠山鎮三段に話を聞こうとしたものの、畠山成三段と双子の兄弟なので、どちらか分からずじまい。そこで、近くにいた平藤三段に聞くと、「メガネを掛けている方が兄(成)で、そうでない方が弟(鎮)です」と。

―初めての三段リーグ、とまどいは感じましたか?

畠山鎮三段「関東の人の棋風が分からないのが…。でも、いざ戦いが始まれば、関係ない!」

―今回の戦い方などは?

「1期で、それも1位で抜けたい。ペース配分は特に考えてなく、一局一局を大切に戦う、ということです。ただ、高校を卒業して、生活のリズムが変わり、それがどう影響するか…」

 次に関東勢。

―今回の戦い方、それと予想出来る昇級点は?

郷田三段「ガンバッて行くだけです。考えられるのは13~14勝。でも、13勝では順位が低いと危ないでしょう。長丁場ですが、連勝して突っ走って行きたい」

―どんな思いで、今回の三段リーグに挑みますか?

小倉三段「特に思いはありません。しいて言えば、棋風の分からない関西勢との対戦は、気にせずに戦って行きたいです」

―ズバリ、昇級ラインは?

「13勝5敗か14勝4敗ですね」

(中略)

―今回のメンバー中、最年少ですが、いかなる戦い方を?

屋敷三段「特に考えていません」

 以上がインタビューの内容ですが、初戦の緊張からか、やや口が重くなっているのが感じ取れました。

(以下略)

* * * * *

新三段の抱負が記事になるというのは意外と珍しい。

中学生になっての抱負、高校生になっての抱負、大学生になっての抱負、社会人になっての抱負はあるけれども、その一つ手前の新小学6年の抱負、新中学3年の抱負、新高校3年の抱負、新大学4年の抱負、は滅多に聞かないのと同様だ。

そのような状況もあってか、実戦的な回答が多い。

* * * * *

関東勢は関西勢の、関西勢は関東勢の棋風が分からないことを挙げている。

奨励会員同士でも、相手の棋風を研究して対策を練っていたことがわかる。あるいは奨励会だからこそ、より強く、相手の棋風を意識していたのかもしれない。

* * * * *

相手の棋風が分からないことを気にしていない郷田真隆三段、屋敷伸之三段の「特に考えていません」が、それぞれ個性が表れている。

 

コメントを残す