将棋関連書籍Amazon売上TOP10(7月17日)

7月の新刊から。

将棋連盟選書 千駄ヶ谷市場将棋連盟選書 千駄ヶ谷市場
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2011-07-14

先崎学八段の将棋世界の連載「千駄ヶ谷市場」の書籍化。

—–

羽生善治のタイトル戦詰将棋 初段・1・2級羽生善治のタイトル戦詰将棋 初段・1・2級
価格:¥ 945(税込)
発売日:2011-06

森けい二九段著、羽生善治二冠監修。

—–

マイコミ将棋文庫SP 詰将棋道場 挑戦編マイコミ将棋文庫SP 詰将棋道場 挑戦編
価格:¥ 1,050(税込)
発売日:2011-07-13

カミソリ流、勝浦修九段著。

—–

NHK 将棋講座 2011年 08月号 [雑誌]NHK 将棋講座 2011年 08月号 [雑誌]
価格:¥ 530(税込)
発売日:2011-07-16

8月号の表紙は佐藤康光九段。

〔将棋関連書籍Amazon売上TOP10〕

大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
価格:¥ 760(税込)
発売日:2011-02-10
決断力 (角川oneテーマ21)決断力 (角川oneテーマ21)
価格:¥ 720(税込)
発売日:2005-07
やさしいこども将棋入門―どんどん強くなるやさしいこども将棋入門―どんどん強くなる
価格:¥ 924(税込)
発売日:1993-01-02
聖の青春 (講談社文庫)聖の青春 (講談社文庫)
価格:¥ 730(税込)
発売日:2002-05-07
マイコミ将棋BOOKS 戸辺流現代振り飛車手筋集マイコミ将棋BOOKS 戸辺流現代振り飛車手筋集
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2011-06-24
将棋の子 (講談社文庫)将棋の子 (講談社文庫)
価格:¥ 620(税込)
発売日:2003-05-15
将棋世界 2011年 08月号 [雑誌]将棋世界 2011年 08月号 [雑誌]
価格:¥ 750(税込)
発売日:2011-07-02
将棋序盤の指し方入門 羽生善治のみるみる強くなる将棋序盤の指し方入門 羽生善治のみるみる強くなる
価格:¥ 998(税込)
発売日:2009-12-01
どうぶつしょうぎのほんどうぶつしょうぎのほん
価格:¥ 800(税込)
発売日:2010-07-13
ハンディー版 スグわかる!まんが将棋入門―ルールと戦法完全マスターハンディー版 スグわかる!まんが将棋入門―ルールと戦法完全マスター
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2006-02-01

今日はマイナビ女子オープン一斉予選

今日はマイナビ女子オープン一斉予選が開催される。→中継

4名のトーナメントが12ブロック、女流棋士35名、女性奨励会員3名、女性アマ10名による戦い(甲斐智美女流王位、斎田晴子女流五段、矢内理絵子女流四段、石橋幸緒女流四段は本戦シード)。

公開対局方式で、イベントも行われる。→第5期 マイナビ女子オープンイベント内容についてのお知らせ

熱い戦いが繰り広げられる。

—–

マイナビ女子オープンの前身のレディースオープントーナメントが開始されたのが1987年。

女流名人位戦(報知新聞)、女流王将戦(株式市場新聞)に続いての第3の棋戦。

第1回優勝は清水市代女流名人(当時)、第2回優勝が中井広恵女流名人(当時)、第3回優勝が林葉直子女流王将(当時)と、当時の三強による激闘がうかがえる。

—–

今年は、マイナビ女子オープンと同じくオープントーナメント方式の、リコー杯女流王座戦も誕生している。

女性アマの層が厚くなり、全体的に実力アップしてきている。

この傾向は、この数年で加速されている。

—–

蛸島彰子7級の奨励会入会が1961年、女流のプロ棋界が創設されたのが1974年。

女性と将棋の関わりの創成期。

昔の将棋マガジンを見ていて心に響く文章があったので、紹介してみたい。

将棋マガジン1988年8月号、「インタビュールーム’88 蛸島彰子四段の巻」より。筆者は将棋マガジン編集長の中島一彰さん。

〔問題〕

2と1の差と、1と0の差は、どちらが大きいでしょう。

〔解答1〕

2-1=1 1-0=1 差はありません。

〔解答2〕

2÷1=2 1÷0=∞ よって∞>2 1と0の差の方が圧倒的に大きい。

数学的に見れば、解答1の方が正しいと言えるだろう。しかし、世の事象を照らし合わせてみると、解答2の方が、説得力ある答えであろう。

”コロンブスの卵”しかり、”牡蠣を一番最初に食べた人が偉い”のである。

蛸島彰子四段、まぎれもなく1÷0の1である。女性で一番最初に、将棋の素晴らしさを理解した人である。そして将棋の素晴らしさを、女性に伝えた最初の人である。

”もっともっと、将棋を楽しむ女性が増えて欲しい” ソフトな口調で、熱く、切なる希望を、蛸島さんは語ってくれた。

—–

私は生牡蠣は苦手だが、本当にそう思う。