2012-01

棋士のエピソード

羽生善治竜王(当時)への深夜の電話

一昨日の記事「羽生善治竜王(当時)と菊池桃子さん」の直後のこと。 将棋マガジン1990年9月号、神吉宏充五段(当時)の「へえへえ何でも書きまっせ!!」より。  夕休前には私も浦野も先崎が対局が終わっていたので、メシを食おうと繁華街へ...
将棋雑文

超スピード昇段

渡辺明竜王は、五段の時に竜王戦に挑戦して竜王を獲得。それ以降、渡辺明○段という呼ばれ方はされていないが、昇段履歴を調べてみると以下のようになっている。四段から五段まで3年、(順位戦C級1組昇級) 五段から六段まで1年半、(竜王挑戦) 六段か...
棋士のエピソード

羽生善治竜王(当時)と菊池桃子さん

将棋マガジン1990年9月号、羽生善治竜王(当時)の「懸賞 次の一手」より。  先日、将棋世界誌の企画で女優の菊池桃子さんと対談することができました。  中学生の時、テレビ、ラジオで歌をよく聞いていて、ファンでしたし、まさか会えると...
将棋関連書籍Amazon売上TOP10

石田流関連書籍amazon売上TOP18(1月21日)

今週は趣向を変えて、amazonでの石田流関連書籍売上TOP18。 マイナビ将棋BOOKS よくわかる石田流価格:¥ 1,470(税込)発売日:2012-01-25 久保の石田流価格:¥ 1,575(税込)発売日:2011-03-24 ...
自戦記

振らぬなら、振らせてみよう(後編)

将棋マガジン1990年4月号、リレーエッセイ「忘れ得ぬ局面、忘れたい局面 先崎学四段の巻」より。昨日の続き。  だが、この夢は素敵なヒントをおれに与えてくれた。「振らぬなら、振らせてみよう」 ―この手があったじゃないか。  そ...
タイトルとURLをコピーしました