林葉直子女流五段(当時)「郷田先生に似ていたんですよ」

将棋世界1992年10月号、神吉宏充五段(当時)の「対局室25時 大阪」より。

 8月は将棋まつりのシーズン。全国各地でいろんな催しが行われたが、筆者も大阪の近鉄と、博多へ行ってきた。まず大阪。ここは例年に漏れず今年もたくさんのファンが来てくれた。羽生棋王と対談の企画があったので、彼の本を宣伝しようと話を持ち出す。

 「羽生先生、本を出されましたね」

 「はあ、いろんな戦法を破るつもりで書きましたが、たまには破られになるかもしれません」

 「何でいう本でしたかね?・・・確か”羽生のおしり”だったかなあ」

 「頭脳です」

 所は変わって博多。ここでは例年林葉女史に会える。楽しみで、今年もあの明るい笑顔で迎えてくれた。

 「久しぶり直子ちゃん。将棋まつり行ったり来たりで頑張ってんなあ」

 「そんなあ・・・でもこの前、将棋まつりのあと、変な人が追いかけてきたんですよぉ。私がタクシーに乗ろうとすると、声をかけてきて『ずっとキミの事を待っていたんだ。さあ、お茶でも飲みにいこう』って。私、ビックリしちゃって。知らない人だし、黙って車に乗ったんですけど、その人も私のカバン掴んで一緒に入って来ようとするんですよ」

 「怖かったやろ」

 「でも、怖がってもいられないので、ちょっと強気にアナタとは初めて会ったのに、どうして行かなきゃなんないんですかって言ったんです。そしたら『男と女の出会いは始まりからなんだよ』なんて言うんです」

 「うわ~」

 「でね、ずっと拒んでたら、パッとカバンから手を離して『キミって冷たい人だ』そう言ってスタスタ歩いて行っちゃったんです」

 「フウ、それは良かったやん。で、その人、どんな人やったん」

 「それがね、歳の頃は20代半ばで、顔が・・・」

 「顔が?」

 「郷田先生に似ていたんですよ」

 う~ん・・・なんぼ郷田君に似ていても、この誘い方は悪手だったか。

—–

郷田真隆四段(当時)にとってはやや迷惑な話だが、世の中にはいろいろな人がいるものだ。

▲7六歩△8四歩のあと、いきなり▲3三角成と王手をかけてくるようなアプローチ。

あまりにも性急すぎる一手だ。

 

タイトルとURLをコピーしました