「史上初のハプニング」と言われた4人による名人戦挑戦者決定プレーオフ(1979年)

将棋世界1979年4月号、毎日新聞の加古明光さんの「名人挑戦リーグ最終日 はたして挑戦者は…」より。

 2月26日。ことしの”2.26”は、雨にはじまった。

 いよいよ千秋楽。昨年6月1日、米長-桐山戦でスタートした今期リーグ戦は、今日の最終局5局で、長丁場を終える。長い9ヵ月を経て、今夜には挑戦者が決まるか、もしくは同率決戦となる。

(中略)

 館内テレビが写す大一番は、大山対米長。隣室で二上対加藤、さらに一つへだてて桐山対大内、廊下をへだてた部屋で森対勝浦に板谷対花村。この5局いずれも、誰かが挑戦権か降組に関係している。”気楽組”の対局は一つもない。

 さらに最終局で同率同士がぶつかり、その負けた方が陥落するという珍しい組み合わせが2局そろった。桐山-大内と板谷-花村戦である。「この部屋には入りにくいな」と誰かが言う。

(中略)

 森が記者室に顔を出しては「12.5%、12.5%」と言う。森が勝ち、大山、二上が敗れた場合にだけ米長を含めた4者同率決定戦がある。その確率を言っている。

(中略)

 二上は、加藤の威勢のいい攻めを、やや持て余し気味。大内-桐山はわからず。この将棋を「昇給のかかった将棋」という花村、相変わらずタバコをくゆらし、独特のポーズ。記者室にたびたび現れては「肝心のあなたの将棋はどうなの」と同僚からひやかされる森は、ややいいか。

 控え室に徐々に人が集まり出す。若手、ベテラン、そして将棋担当記者……。

(中略)

 9時57分、花村が126手で敗北を告げた。攻めまくったが指し切りのようだ。板谷の顔が自然にほころぶ。感想戦を1時間近く。終えて「ちょっと電話をしてくるから」。多分、名古屋で待つ師匠、父・四郎八段と夫人にだろう。

 セキを切ったように終局が続く。部屋は離れているが、10時6分、二上が101手で敗れ、森は122手で勝浦に勝った。

二上「作戦負け。受けにばかり回って、どうしようもなかった」とひと言。”1分将棋のピンさん”が何と2時間近くも残していた。

 ”遊び”回っていた森は、駒得を大きく生かし、勝浦を降す。森の豪腕を感じさせる一局だった。

 さあ、記者室は色めき立つ。これで大山の単独優勝か、4者同率の二つに一つしかない。もし、大山が敗れると、史上初の”四すくみ”。3人の同率決戦は、7期と12期に2回あるが、前代未聞の4人決戦だ。

(中略)

 11時58分、大山が「どうも、こりゃ負けですね」と投了、どっと入室する関係者。それに軽く視線を向けて、大山は感想戦をはじめた。

 大山、二上が負け、森が勝って、4人同率になる確率は12.5%だった。そのわずかなメが出た。アナである。ほとんどの人が予想しなかった4人同率が決まった。史上初のハプニング。

 挑戦者の決戦は4人とトーナメントではない。降級に順位がからむように、挑戦にも関係してくる。

 今期は4人のうち順位が森、米長より下位の大山-二上がまず対戦、勝者が米長と、その勝者がさらに森と当たる。

 順位1位の森は、一局だけ勝てば連続挑戦権獲得。その点では断然有利だが、下から勝ち進むものには勢いがつく。全く予断を許さなくなってきた。

(以下略)

* * * * *

将棋世界同じ号、「名人戦挑戦者決定リーグ戦」より。

 2月20日、先に第8戦を済ませた森(5勝3敗)が普段着でぶらりと会館に現れた。「やっとるネ。大山、米長、二上(3人とも5勝2敗)とそろって負けてくれれば、ボクをまじえて3人の決戦になるんだけど……」

「大山-米長は最終で当たっているから3人というんだけど、まずご本人が勝たなきゃダメだろ。まず見込みなしと見るのが本当だよ」

「念力々々。それにしても気が気じゃないよ。ちょっと家に電話を入れてと……もしもしボクだけど晩めしはいらないよ。もう少し将棋を見ていくから」

 記者室ではテレビに映る大山-大内戦を観戦して「夕食前では大内さんのほうがよかったと思うんだけどなー、がんばれがんばれ」声援していた。10時ちょっと過ぎて、一番先に花村-二上戦が、つづいて大山-大内戦が、いずれも森君の注文どおりにならない結果でおわる。

 米長-板谷は、板谷に降級がかかっているだけに一番最後になって、ここだけ森の念力が通じたのか板谷の勝ち。板谷にとってはこの1勝が大きかった。A級に踏みとどまることになったのだから。

 2月26日(A級順位戦最終局)。大事な対局ということで一局ずつ別の室で行われることになった。森はそこでも、ガミさんが負けて大山さんが負ければボクの出番があるんだけど……と一縷の望みに念力念力と、穴熊で持久戦に持ち込もうという肚。中盤、勝浦にミスが出て森が早々と勝って、さあどうか。残された大山-米長戦で大山が勝てば大山7勝2敗でスンナリ挑戦者と決定で念力もパー。

 形勢二転三転。米長優勢と思われる局面になったときテレビの画面に向かって”▲3五歩と打て”と森はさけぶ。”ボクの出番が回ってきそうだ”と嬉しそうな声を残して深夜の帰還。

 確かにパラマス方式だと順位1位の森は一局だけに全力投球すればよいのだから有利に違いない。はじめ独走していた二上にとっては、その時点でガックリとするのではなかろうか、大山も4月16日から中国旅行を控えているとハードスケジュールを強いられることになる。米長は大山-二上の勝者と指して、勝てば森と争うのだが、その間に加藤一との棋王戦(3月2日、3月17日、あのあと、4、5局)があってみると、どうしても森の嬉しくなる気持ちはわかろう。昨年坊主頭で、一躍天下の話題をさらった森、またまた森語録で波乱を呼ぶか。

 さて注目の大山-二上戦は3月1日、最終戦は3月8日、あるいは9日と決まった。待たれる挑戦者の決定だ。

* * * * *

2月20日ラス前、2月26日最終局と、この頃のA級順位戦は今よりもやや前倒しのスケジュールだったことがわかる。

パラマス方式の挑戦者決定戦は、6勝3敗の

森雞二八段(1位)
米長邦雄棋王(3位)
大山康晴十五世名人(4位)
二上達也九段(5位)

の4人によって行われた。

結果は、

3月1日 大山-二上戦→大山十五世名人の勝ち
3月6日 米長-大山戦→米長棋王の勝ち
3月9日 森-米長戦→米長棋王が勝ち挑戦者に

という展開。

* * * * *

昨日のA級順位戦、史上初の6人(稲葉陽八段、羽生善治竜王、広瀬章人八段、佐藤康光九段、久保利明王将、豊島将之八段)によるプレーオフという結果となった。

昨日はトップの久保王将と豊島八段が二人とも敗れてプレーオフに、1979年の時もトップの二人(大山十五世名人、二上九段)が敗れてプレーオフという共通点がある。なおかつ、トップだった二人が相対的に順位が下位の二人。

* * * * *

「史上初のハプニング」と書かれた4人によるプレーオフ。

その後、1992年、2015年も4人によるプレーオフとなったが、今回は一気に6人によるプレーオフ。39年振りの記録更新ということになる。

1992年は最も順位が下位だった高橋道雄九段が3連勝で、2015年は順位が最も上位だった行方尚史八段が1勝で、名人戦挑戦者となっている。

今回はどうなるのか。とにかく、歴史的なことであることは間違いない。

 

 

「「史上初のハプニング」と言われた4人による名人戦挑戦者決定プレーオフ(1979年)」への2件のフィードバック

  1. まるで抜け番の羽生竜王が集団催眠をかけたのではないか、というくらい劇的な展開ですね。5連勝条件の久保王将・豊島八段が気の毒になってきました。この二人のどちらかが挑戦者という星勘定だったのに。

  2. この時代のA級の将棋は棋士の特徴が顕著に表れていて棋譜を見るだけでも楽しい

コメントを残す