三浦弘行八段、名人挑戦まであと一歩

昨日のA級順位戦、谷川浩司九段-三浦弘行八段戦は、三浦弘行八段が勝って単独首位となり、名人挑戦にリーチをかけた。

ところで、谷川浩司九段-三浦弘行八段戦というと、故・池崎和記さんが近代将棋2006年3月号に書いた「関西つれづれ日記」の一節を思い出す。

三浦八段らしさ、池崎さんらしさ、がとてもよく描かれている。

私が好きな話であり、好きな文章だ。

(太字が池崎和記さんの文章)

12月某日

A級順位戦の谷川-三浦戦を取材。週刊将棋の仕事だ。

定刻の数分前に関西将棋会館にいったら、あいにく1階のエレベータが止っていた。対局室は5階にあるのに「点検中」とはツイてない。階段を上がっていたら三浦八段の後ろ姿が。

ツイてない人がここにもいた。

三浦さんは大きなバックを2つ持っている。群馬県に住んでいるから前夜は大阪に泊まったはずだが、バッグを持参したところを見ると、この日の宿が取れなかったのだろう。

谷川九段4勝1敗、三浦八段1勝4敗で迎えた6回戦。立場は違っても、どちらも負けられない将棋だ。

その大勝負が午後3時前に千日手になった。後手(谷川)一手損角換わりから手詰まりになり、どちらも打開できなかった。千日手になると30分の休憩がある。その休憩中に谷川さんから「最後まで付き合ってください」と言われた。終局が遅くなるから覚悟しておいてくださいよ、という意味だ。

指し直し局は三浦八段ペースだったが、終盤にかけて谷川九段が盛り返し、谷川九段の勝利。

終局は午前1時45分で、検討は3時20分まで。この時間の長さが本局の難しさを物語っている。

控室で少し時間をつぶしてから外へ出ると身を刺すような寒さだ。少し飲んでから帰ろう。そう思って駅方面に向かっていたら、途中で三浦さんとバッタリ。コートを着て首にマフラーを巻き、両手にバッグを持っている。朝見たのと同じ格好だ。

「ホテルが取れなくて」と三浦さん。

やはりそうだったか。近くのホテルに空きはないかと聞きにいったら、やはり満室だったので引き返してきたのだ。将棋会館に泊まるつもりだろう。

「三浦さん、おなかはすいてません?」

「はい、少し…」

「じゃあ、軽く食べに行きませんか」

何年か前、三浦さんと二人で居酒屋に行ったことがある。この話を東京の記者にすると、みんな「へーっ」と驚くのだが、彼は本当に気さくな人で、実はお酒も少し飲めるのである。

そんなことがあったので、僕はいい機会だと思って誘ったわけ。

三浦さんはノータイムで「行きます」といったが、少し考えて「いや、きょうはやめときます。風邪をひいてるんです」と言った。

「ああ、風邪ですか。それでは無理ですね。体を大事にしてください」

「はい、すみません」

こうして別れることになったが、暗い夜道を一人で歩いている三浦さんの後ろ姿を見ていたら、僕はまるで自分が当事者になったように心が痛くなった。

有吉道夫九段

現役最年長棋士である有吉道夫九段(74歳)が、昨日の順位戦C級2組9回戦で松本佳介六段に敗れて2勝7敗(3度目の降級点)となり、フリークラスの年齢規定により3月31日付での引退が決まった。

A級21期、タイトル戦登場9回、1000勝達成、1973年に中原誠名人から棋聖位を獲得するなどの名棋士だった。

55年間の現役生活にひと区切りをつけることになった有吉九段だが、読売新聞のネット記事に掲載されている有吉九段の笑顔がとてもいい。

読売新聞の記事

有吉道夫九段は、大山康晴十五世名人門下。

井口昭夫さんは1985年のA級順位戦、大山康晴十五世名人-有吉道夫九段戦の観戦記で次のように書いている。(井口昭夫将棋観戦記選集 上より)

数多い将棋界の師弟の中でも二人の関係は緊密だ。同じ岡山県の出身で、有吉は大山家の内弟子になった。大山が脚光を浴び、将棋で家をあけることが多くなると、有吉は稼業の精米業を手伝った。大山夫人は有吉がトップ棋士になった現在でも、家では”みっちゃん”と呼んでいる。

(中略)

有吉五十歳。大山と一回り違うイノシシ年である。将棋界のイノシシ年の系譜は有名で、故土居市太郎名誉名人、故大野源一九段、大山、有吉、中原誠名人がそれぞれ一回り違う。

有吉がひとたび獲物を得て跳びかかる姿はまさにイノシシであるという定評もある。

攻めの棋風を持つ人は、自玉を固くする。攻めが強いだけに、相手の攻めに対しても人一倍の警戒心を持つということだろう。有吉はその典型である。中には二上九段のように、同じ攻めが得意でも、自玉を囲うことより速攻を狙うタイプの棋士もいる』

自玉を固め猛烈に攻めるのが闘志溢れる有吉流。

金子金五郎九段は次のように書いている。

近代将棋1970年9月号「金子教室」より。

『有吉さんは理詰めで序盤をしぼる山田(道美)的な棋風とは正反対にある。相撲でいえば、山田は仕切りの立ち上がりの一瞬を大切にする。次に前さばき(有利な組み手にするまでのテクニックで序盤の前期)もうまい。そして「押し」で行く。どこまでも理詰めである。有吉さんの戦いぶりは、「投げ技」を使ってやろうという気持ちがはじめから終わりまであるように思える。前さばきのという段階(序盤の後期にあたる)でも、この投げ技を前提にしている。(と思う)』

有吉九段はひとつの大きなスタイルを持っていたと思う。

今後も盤上以外での活躍を続けてほしい棋士だ。

今日はA級順位戦8回戦一斉対局日

今日はA級順位戦8回戦一斉対局の日。

ラス前であり、名人挑戦者が決まるわけでもないのだが、今日の対局はそれぞれの棋士にとって大きな意味を持つ。

(対戦の左側の棋士が先手)

三浦弘行八段-谷川浩司九段戦

5勝2敗のトップ同士の戦い。

勝てば名人挑戦に大きく近づき、最悪の場合でもプレーオフには必ず出場できる。

負けると最終局に勝ったとしても他力でのプレーオフ出場になってしまう。

この差は大きい。

丸山忠久九段-郷田真隆九段戦

4勝3敗同士の戦い。

勝てば、他力ながらプレーオフ出場の夢が残る。

負けるとプレーオフの目はなくなる。

この差も大きい。

木村一基八段-森内俊之九段戦

木村八段が3勝4敗、森内九段が4勝3敗。

木村八段が勝てば降級の心配がなくなる。負けると降級の可能性が残るが、藤井九段も敗れた場合は木村八段の降級がなくなる。

森内九段が勝てば、他力ながらプレーオフ出場の夢が残る。負けるとプレーオフの可能性がなくなる。

高橋道雄九段-井上慶太八段戦

高橋九段が4勝3敗、井上八段が3勝4敗。

高橋九段が勝てば、他力ながらプレーオフ出場の可能性が残るとともに、降級がなくなる。負けるとプレーオフの可能性がなくなるとともに、藤井九段、木村八段がともに勝った場合は降級の可能性を持ち続けることになる。

井上八段が勝てば、最終戦で自力で降級を免れることができるとともに、藤井九段が敗れた場合に降級がなくなる。負けると降級の可能性を持ち続けることになり最終戦も他力になってしまう。

藤井猛九段-佐藤康光九段戦

藤井九段が2勝6敗、佐藤九段が1勝7敗。

藤井九段が勝てば、他力ながら降級を免れる可能性が残る。負けて、木村八段か井上八段のどちらかが勝った場合は降級が決定。木村八段も井上八段も敗れた場合は、最終戦で藤井九段(対森内九段戦)が勝ち、井上八段(対木村八段戦)が敗れた場合のみ、降級を免れることができる。

佐藤九段が勝てば、木村八段と井上八段がともに勝った場合以外は、他力ながら降級を免れる可能性が残る。木村八段と井上八段がともに敗れた場合、最終戦は木村八段-井上八段戦なので、順位の関係から自力で降級を免れることができる。

負けると降級が決定。

*****

書いていて胸が苦しくなりそうになる。

やはり勝負の世界は厳しい。順位も大きい。

ビフテキと粥

昭和10年(1935年)の第1期名人戦特別リーグ開幕局1日目の昼食の話、

近代将棋2005年8月号、鈴木宏彦さんの「将棋指し なくて七癖」より。

(太字が鈴木宏彦さんの文章)

古い新聞観戦記を読んでいると対局者の食事の話がよく出てくる。

昭和10年6月16、17日。第1期名人戦特別リーグ開幕局は金子金五郎八段と花田長太郎八段の間で指された。持ち時間はなんと13時間! これを2日間で指すのだから、対局時間の長さは現在の名人戦の比ではない。両者が目いっぱい持ち時間を使うと、終局時刻は3日目の明け方になる計算だ。

この金子-花田戦では花田が1日目の昼に「ビフテキと粥」という変な組み合わせの食事を注文し、それに金子もならうシーンが出てくる。

蒲柳の質(ほりゅうの しつ…か弱い体質、体質が弱いこと。蒲柳は川柳の異称。川柳の葉は秋が来ると真っ先に散るところから)といわれた花田八段は対局中あまり食事を取らず、粥ですませることが多かったらしい。が、この名人戦特別リーグは初めての実力名人を決める大勝負。2日間の長丁場に耐えうるスタミナをつけるため、いつもの粥にビフテキを追加したようだ。ちなみに、この勝負は3日目午前4時22分、144手で花田が勝っている。

ビフテキと粥という、目的と用途が全く異なる食べ物の取り合わせだが、事情を知ると、命がけの悲壮な決断であったことがわかる。

第1期名人戦特別リーグは昭和12年まで行われ、1位が木村義雄八段、2位が花田長太郎八段という結果になり、木村義雄八段が第1期名人に就いた。

昭和12年12月5、6日に行われた最後の木村-花田戦では、花田八段の体調はさらに悪化し、食事は1日2食、それも粥と梅干だけだったという。

ところで、阪田三吉八段と木村義雄八段の「南禅寺の決戦」は昭和12年2月に、阪田三吉八段と花田長太郎八段の天龍寺での対局は昭和12年3月に行われている。木村義雄八段、花田長太郎八段ともに阪田三吉八段には絶対に負けられない一戦だったことになる。

*****

ちなみに、Wikipediaには次の記述がある。

『阪田三吉は 洋食を好んだが、特に牛肉が好きで食堂でも牛肉料理をよく注文した。「牛肉食べな丈夫で賢ウなられへん。」というのが持論であった』

*****

「ビフテキと粥」の昭和10年前後の飲食物の値段は次の通り。

昭和5、6年当時のスエヒロのメニュー

テンダーロインステーキ 1円

テンダーロインステーキ(特大) 1円50銭

スープ 40銭

ハンバーグ 60銭

カレーライス 40銭 

チキンカツ 60銭

エッググラタン 50銭

オムレツ 40銭

ローストビーフ 60銭

サンドイッチ 50銭 

コーヒー 20銭

プリン 20銭

ゼリー 20銭

アイスクリーム 20銭 

現在の貨幣価値にするには2000倍から2500倍すれば良いのかもしれない(コーヒーが500円、テンダーロインステーキが2500円)。

昭和12年の不二家のメニュー

コーヒー15銭

パフェー40銭、

アイスクリームサンデー30銭、

コカコーラ20銭

*****

「ビフテキ」という言葉はレトロ語になっているが、これは日本人がビーフステーキを縮めたものではなく、フランス語の bifteck (ビフテック) のなまったものだといわれている。要はフランス人が縮めたことになる。→ビフテキの名前の由来は?

*****

本格的に牛肉が食べられ始めたのは、明治の文明開化以降であり、牛鍋屋が流行した。

ところで、「牛鍋」と「すき焼き」の違いが以前からはっきりしなかったのだが、昭和6年の読売新聞に明快な答えが載っていたことを知った。→YOMIURI ONLINE 明治・大正・昭和

素早く炒めて砂糖と醤油で味付けするのが「すき焼き」、最初から割下(味噌味もあり)を入れて肉と野菜を煮込むのが「牛鍋」ということらしい。

「すき焼き」は手早くせっかちに、「牛鍋」は悠長に煮込む。

「牛鍋の生命は半熟の葱を食べる処にあります」と、葱の嫌いな人が見たら倒れてしまいそうなことも書かれている。

王将戦第2局と女流名人位戦第2局

王将戦第2局は、手に汗握る大熱戦だった。

ハラハラするような終盤の攻防が、終わってみると一手差よりも多い手数の開き。羽生善治王将の絶妙な終盤術が印象的だった。

「王の早逃げ八手の得」の格言も痛感させられる。

なお、中継ブログに感想戦メモが局後に掲載されている。これは非常に画期的なことだと思う。

青葉記者は、打ち上げ中、あるいは打ち上げ終了後の時間にこれらの作業を行っているわけで、本当に頭が下がる思いだ。

ところで、王将戦第2局の昼食は、羽生善治王将が「天ぷらうどん」と「カレーライス」、久保利明棋王が「天ぷら定食」と「幕の内弁当」。

羽生王将の「天ぷらうどん」だけが予想通りだった。

一日目だけとはいえ、第1局に続いて当てることができたのは、個人的には結構嬉しい。

*****

女流名人位戦第2局は、里見香奈倉敷藤花が老獪としか表現ができない指し回しで見事に勝ち、女流名人位獲得にリーチをかけた。

2月10日の第3局(東京将棋会館)からはマスコミ各社が多数取材に駆けつけることだろう。

ニュースバリューはかなり高いのではないかと思う。

ところで、先週の記事の中の河口俊彦七段の言葉、

「棋士心理とは不思議なもので、危険がほんの僅かであるほど、ふるえが大きい」

これは、第3局の里見倉敷藤花の状況にも当てはまる。

女流名人位獲得目前のプレッシャーや様々な思い、これらと無関係に伸び伸びと指せれば里見香奈新女流名人が誕生する可能性が高い。

逆にいえば、百戦錬磨の清水市代女流名人は第3局は開き直ってくるわけなので、第3局だけに関していえば、逆説的だが、心理的には清水女流名人に有利な環境で対局は開始されると思う。

清水市代女流名人が本当に開き直れるかどうかという問題も残っている。

そういう意味でも第3局は見逃せない。

ところで、第2局の両対局者の昼食は幕の内弁当。

ものの見事にはずれた。

第3局は東京将棋会館なので、これはこれで昼食予想がとても難しそうだ。