王将戦第4局1日目など

王将戦第4局は、久保利明棋王の中飛車と羽生善治王将の居飛車左美濃の戦い。今日の午前中から激しい展開になる可能性がある。(→中継

*****

王将戦第4局1日目の昼食は、羽生善治王将が「オムライス」、久保利明棋王が「シーフードピラフ」だった。

私の昨日の昼食予想、羽生善治王将の「宍道湖しじみオムライス」が半分くらいの当りだったので、そこそこ満足していたところ、中継ブログメニューの写真がアップされていることに気がついた。

メニューを見せられてしまっては、二日目の昼食予想をあらためてしなければならない気持ちになる。

メニューは王将戦のための特別メニューなのだろう。

将棋棋士の食事とおやつのデータによると、久保棋王は、2008年に島根県大田市で行われた王将戦第4局でも、1日目がシーフードピラフだった。

久保棋王がタイトル戦でシーフードピラフを頼んだのは過去この1回だけなので、久保棋王は島根県へ行くとシーフードピラフを食べたくなる傾向があるのかもしれない。2日目は天ぷらそば。

この時、羽生王将は1日目がとろろそばで2日目が天ぷらそば。羽生王将が勝っている。

これらのことを踏まえて、2日目の予想をしてみたい。

蕎麦は出雲の名物なので、羽生王将は普通なら天ぷらうどんと行きたいところを「天ぷらそば」を頼む可能性が強い。シーフードスパゲッティやシーフードピラフの可能性もあるが、ここは「天ぷらそば」一本に絞りたい。

羽生善治王将

第一候補:天ぷらそば

久保棋王は、前回の島根県での対局同様「天ぷらそば」を頼むかどうかが別れ道だが、ご飯系の注文になると予想したい。トンカツカレー、天麩羅丼なども後ろ髪を引かれるが、次のメニューに絞ってみる。

久保利明棋王

第一候補 島根和牛のステーキ丼

*****

中継ブログに、妖怪汁、ねずみ男汁、猫娘汁という清涼飲料水の写真が載っている。

漫画家の水木しげるさんが鳥取県境港市の出身なので、このような飲み物が島根県ではおなじみなのだろう。

写真にもあるように、

・妖怪汁は、だいだい果汁10%

・ねずみ男汁は、はっさく果汁20%

・猫娘汁は、りんごはちみつ果汁100%。

調べてみると、このシリーズには他に3種類の飲料がある。

・鬼太郎の住む森の湧き水

・妖怪珈琲

・目玉のおやじ汁(ゆずはちみつ果汁4%)

演出からか、美味しそうな印象のネーミングでは決してないが、非常に有り難いことに、詳細な試飲レビューがある。→ 「妖怪汁」など鬼太郎関連ドリンク試飲レビュー 

*****

中継ブログで(レトロな雰囲気を残した門前町)として紹介されている写真の旅館は、竹内まりやさんの実家になる。

竹内まりやさんは、里見香奈女流二冠の高校の先輩にあたる。

タイトルとURLをコピーしました