大山・升田のコンピュータ将棋観

大山康晴十五世名人と升田幸三実力制第四代名人、ともに不世出の大棋士であるが、物事の本質を捉える点でも名人だったといえる。

この二人がコンピュータ将棋について、どのように考えていたか。

—–

大山康晴十五世名人

「人間が負けるに決まってるじゃないか」

(東公平「升田式石田流の時代」より)

大山名人はコンピュータに将棋をやらせることに反対して「人間が負けるに決まってるじゃないか」と予言していた。

—–

升田幸三実力制第四代名人

「プロの五段ぐらいまでは行くだろうな。ボクらが一生けんめい教えたら、どういうことになるか分からんが…」

(青野照市九段「勝負の視点」より)

—–

升田幸三実力制第四代名人のコメントは1968年の将棋年鑑に掲載されていたという。大山十五世名人のコメントもほぼ同時期のものと思われる。

IBMの古典的名機であるSystem/370が登場する以前の時代の予言だから、なおのこと凄いと思う。

升田式石田流の時代―最強将棋塾DX (東公平コレクション)升田式石田流の時代―最強将棋塾DX (東公平コレクション)
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2000-09

勝負の視点―研究と実戦の間
価格:¥ 1,223(税込)
発売日:1995-11
タイトルとURLをコピーしました