相手のミスを突いて攻める習性

将棋マガジン1995年10月号、鹿野圭生女流初段(当時)の「タマの目」より。

☆体重

福崎八段「鹿野さん、体重なんぼ?」

タマ「エッ!? それはその・・・・・・」

阿部六段「女の人ってだいたい50kgはないでしょう」

タマ「ズキッ。平藤さんより、ちょっと重い位」

平藤四段「僕、○○kg」

タマ「ゲッ、そこでバラすかあ」

福崎「へえ、平藤君の方が軽いの?へえ~。そんなに見えへんけど」

タマ「最近、太ったんです」

平藤「だから、見えへん部分がきっと太ってるんでしょう」

阿部「そういえば鹿野さん、脚太いなあ」

タマ「え~い。黙って聞いとったらなんちゅう事、言うてくれんねん」

☆体重Ⅱ(テニスの時)

矢倉四段「僕、短パンじゃないんですけど、暑いですかね」

タマ「暑いけど、サウナ効果で、脚がやせれるかも」

矢倉「別にやせたくないですけど」

今泉三段「矢倉君、別に、カイジュウはタルイんやから、やせんでもいいでしょう」

タマ「エ~、カイジュウがタルイってぇ」

今泉「あ、いや、その・・・・・・」

矢倉「そら、怪獣はタルイわ、な」

今泉「ええ、ええ、私が言いまちがいました。私が悪かったですぅ」

 将棋指しって、相手のミスを突いて攻める習性があるみたいで、普段でもちょっとした事であげ足を取ってしまう。そしてそれが厳しいし、うまい。

—–

福崎文吾九段と阿部隆八段は兄弟弟子。この二人が揃うと、大盤解説などでも爆笑の解説になるという。

たしかに、ボケ役とツッコミ役の役割分担が自然とできているからだろう。

—–

湯川博士さんは江戸っ子なので表紙(ひょうし)を”しょうひ”と発音することがある。

しかし、他の江戸っ子ではまだ確かめていないので、これが江戸っ子から来るものなのかどうなのかはわからない。

コメントを残す