押し出しの強い投稿

将棋マガジン1988年10月号、コマゴマ掲示板(読者の投稿)より。

▲谷川名人には、恋人がいるのでしょうか。もしいないのであれば、小生の会社のOLを紹介したいのですが・・・。ちなみに、OLに名人の写真を見せたら「ステキ!」と言っておりました。

 この夢が実現すると、小生は”谷川夫人”のツテで、名人とお茶を飲むことができるのだが・・・。 ※OLの名は直子です。

(東京都板橋区 夢みる男 39歳 会社員 三段)

△冒頭の質問に対し、名人に代わってO崎がお答えします。

”いません!”(キッパリ)

—–

何とも遠大な計画というか、押し出しが強いというか、見事なプロモーションだ。

惜しむらくは、「気立てが良く、健康な」、あるいはこの当時の時節柄「中山美穂に似た雰囲気の」などのような形容詞が付いていれば、もっとインパクトが強かったと思う。

更には、編集部宛の本人直筆の身上書と写真があれば、もっと良かったかもしれない。

ちなみに編集部の”O崎”さんは、大崎善生さん。

—–

あれは社会人になって3年目頃だったと思う。

直属の部長が私を呼ぶ。

「はいっ」

「仕事とは関係ない話なんだけどさ、今、誰か決まった人はいるかな?」

「い、いえ、いませんが」

「それなら良かった。僕の知り合いから、誰かいい人がいないかって頼まれてさ」

写真を一枚手渡された。

晴れた日の海辺を背景に撮られた若い女性の写真。

アイドル系で優しい顔立ち、超絶妙な雰囲気だった。

「○○○○のシンガポール支店長のお嬢さんなんだよ」

「えっ、こ、こんなに、、こんなに素晴らしい、、、」

「おっ、気に入ってくれたか。うまくいくかどうかは本人同士の問題になるけど、先方に伝えておくよ」

「私の写真と身上書を至急お渡しするようにします」

「それはなくても大丈夫だよ。まあ付き合ってみればいいんだ」

その後、個人的にはかなり夢に満ち溢れた日が続いた。

   

1ヵ月後。

部長に喫茶店に誘われる。

「あの件だけどさ、先方のお嬢さんがまだ結婚は早いと思っているらしくて。申し訳ないけど今回は見送りだ」

「・・・そうなんですか。了解しました。ありがとうございました」

ややがっかりはしたが、こちらから写真や身上書も送っているわけでもないので、特にショックはなかった。

・・・とはいえ、その日から毎晩遅くまで飲み歩く日が結構続いたと思う。

   

「押し出しの強い投稿」への2件のフィードバック

  1. その昔、谷川名人が婚約されたと聞き、婚約者の方が勤められている会社(名古屋)にわざわざ出かけ会社受付で、「将棋の谷川名人と婚約された方がこちらに勤められていると聞いてきたのですが・・」と聞いたところ、「先日退職されました」との返事。残念・・
    たまたま書店で手に取った将棋世界に14歳で四段になったばかりの谷川四段の文章が載っていました。世の中には凄い人がいるもんだなと思ってからのファンです。
    名人戦とはいいません、タイトル戦挑戦者として是非名乗りをあげてもらいたいと思っています。

  2. gengeさん
    谷川九段のネタは、これからもブログで度々出てくると思いますので、お楽しみに。

コメントを残す