トビオ逝く

将棋世界1991年4月号、森信雄五段(当時)の「創作 次の一手 解答&解説」より。

 古本屋で見つけた”日本の旅情”という本の中に、牧水の歩いた上州の暮坂峠が出ていたので、歩いてみました。

 明治の頃に湯治客でにぎわい、今は忘れられた道のひとつ、とある通りに車も少なく、静かないい風景でした。

 帰り道、どこからか子犬がずっとついて来て、なぜか私のそばを離れません。

 でも、日が暮れて、仕方なく置き去りにして、バスに乗り込んだのです。

 あの子犬、どうしているかな・・・。

(以下略)

—–

森信雄七段が飼っている犬のトビオが昨日亡くなった。17歳。

森信雄七段の家には、ヨウムの金太郎、パグのトビオとクロがいるが、トビオは森信雄七段が今の家へ引っ越して3日目から一緒に住んでいた。

17年前なので1996年。

阪神淡路大震災の翌年、村山聖九段が亡くなる2年前のことになる。

高齢になるまでは、森信雄七段の体の上に乗っかって寝ていたという。

パグの日本での平均寿命は11歳(人間では60歳に相当)のところ、17歳(人間では85歳位)まで生きていたということは、それだけ森家で大事に育てられていたということだ。

私の家にいた犬も種類は違うが1997年に17歳で亡くなった。

「十分に長寿だったんだ」と思うことで悲しみを紛らわせようとしたが、やはり辛いものは辛かった・・・

トビオ、さようなら (森信雄の日々あれこれ日記)

     

タイトルとURLをコピーしました