小池重明10年忌

月刊宝石2002年の号、湯川恵子さんの「将棋・ワンダーランド」より。

 シゲアキとは誰も呼ばなかった。ジューメイ。小池重明。

  昭和23年1月2日名古屋駅前の町で生まれ、平成4年5月1日茨城県石岡市の病院で没。 

 10年忌に、生前つき合いの濃かった10数人が誘い合って江東区森下町の寺の墓参りをした。

 茨城からF氏も駆けつけた。新宿時代も茨城時代も小池を従業員にし金や車を何度持ち逃げされても面倒み続けた社長だ。

「おかしいなぁジューメイちゃんの卒塔婆が消えてる」

「バクチ好きなファンが持ってっちゃったんだよ」

「あら石碑にジューメイさんの名前が刻んでないわ」

「住職の話では亡くなる数カ月前に当人が挨拶に来たって」

 てんでに言いながら花や線香や酒やビールを供えた。

 複雑な家庭環境と高校中退後の夥しい職歴は書ききれない。将棋は高一の年に継父から手ほどきを受け、新宿の殺し屋、無冠の帝王の異名時代を経て32才の年から連続二期アマ名人。2年後に読売日本一戦優勝も果たした。プロキラーでもあった。 森けい二九段(当時八段)との指し込み3番勝負は昭和57年、将棋ジャーナル誌の企画。角落ちも香落ちも、平手も勝った。 図はその終盤。必敗形の小池が放った、妖しい焦点の歩!

 対して△5八同竜が元で勝負は逆転。6六馬(詰めろ)のほうがよかったらしい。

 プロを間違えさせた。苦しい局面で見せる念力の炎のような粘りが小池将棋の魅力だ。

 棋界は大騒ぎ。森プロはこの敗戦直後に初タイトル棋聖位を獲得した。片や小池の運命は、プロ入り話がもちあがり某九段の後押しで連盟に申請書を出すまでに発展したが、棋士会の猛反対で頓挫。このあたりから借金が増え酒浸りの日が増え読売新聞全国版の一面に「アマ名人の詐欺行脚」なる記事が出るに至った。

 逃亡生活の果て作家の団鬼六氏の元で将棋界の隅へ復活した頃は、何度目かの駆け落ち相手の女性と一緒だった。

 彼の人生がドキュメンタリー番組になったとき出演した田中寅彦九段は、「僕ら棋士が死んでも番組にしてもらえない」と言った。最近47才年下の愛人に自殺されしょげている鬼六先生は「書きたいこともなくなったが小池の映画だけは作りたい」と真剣に話を進めている。

 私は強姦未遂事件が今は嬉しい思い出だ。切羽詰って窓から逃げようとしたら急に彼が顔色変えて引きずり戻し、「参っちゃうよなぁ」と静かになった。思えばそこはF社長の不動産会社、ビルの高い所だった。

 棋勝院法重信士。享年44。

—–

湯川恵子さんが酔っ払った時に話してくれる故・小池重明さんの思い出話をそのまま文語体にしたような雰囲気の読み物。

それにしても、卒塔婆を持ち去るとは凄い人がいるものだ。

卒塔婆は基本的に五角形。そういう点では将棋の駒と一緒だが、共通の言われがあるのかどうかは永遠の謎かもしれない。

—–

団鬼六さんが小池重明さんの面倒をみるようになったのが、小池重明さんの人生にとっての最終盤の頃。

団鬼六さんの人間的な優しさをあらためて感じる。

—–

以前も紹介した、故・新井田基信さんがネット上で書いた「小池じゅうめい物語が絶妙に面白いので、まだお読みでない方はぜひご覧ください。

小池じゅうめい物語

   

     

「小池重明10年忌」への3件のフィードバック

  1. 新井田流の小池重明物語は、絶妙にといいますか、誠にといますか、単にといいますか、純粋に面白いです。
    数々の話の中に私めがあんまり加担していないのが寂しいといいますか残念です。も少し輪の中に私も交ぜて欲しかったなあ。
    どうも私めは、中身は自堕落なくせに、見た目がまともに見えてしまうのがいけません。重明さんと反対でしたね。
    ある晩。マドリードにて、重明さんに「おれ。子供のさ、将棋教室作りたいんだけどさ。どうかな」と聞かれたことがありましたですね。えっ、それって真剣道場ですか、なんて茶化してごめんなさい。あまりに重明さんがマジ顔で言うので戸惑ってしまったのです。

  2. 私は札幌市に住んでおります。12~13年ほど前、団鬼六さんの「果し合い」を読んで小池重明さんを知り、その後興味をもって何冊か小池さん関係の本を読んでいるうちに、インターネットの「小池じゅうめい物語」を見つけました。団鬼六さんによる小池さんも秀逸ですが、新井田さんの描かれる小池さんが実に生々しく、面白くて当時は何度も読み返えさせていただきました。すると今度は新井田さんに会ってみたくなり、亡くなられる2年ほど前のことでしたが、北海道将棋会館を訪ね「駒のはたらき」という詰将棋の小冊子を買わせていただきました。そのとき新井田さんから「最後まで解けたら、初段の力がつきますよ。」と言っていただいたのを覚えています。お亡くなりになって半年後に訃報を知り、『もう少しお話ししておけばよかった』と後悔したものです。私の将棋はへぼ以前のレベルなので、その後は何となく将棋から遠ざかり、駒に触れることもなくなりました。ところが、今年1月、東京の清澄白河に旅行する機会があり、知人から聞いた有名なコーヒーショップを探し歩いていたのですが、ふと街並みに共同墓地があるのに気付き、なぜか突然「ああ、新井田さんが『小池じゅうめい物語』に書いていた小池さんのお墓って、こんな共同墓地にあるんだろうなあ。」と思い浮かびました。そのときは、ふと思いついただけで、そのまま通り過ぎたのですが、翌朝妙に気になり、ネットで調べてみたところ、驚いたことにその共同墓地は小池さんの遺骨が埋葬されている「唱行院」というお寺が管理する共同墓地だったのです。私は「唱行院」というお寺の名前を知りませんでしたし、あまりの奇遇にちょっとぞっとして、その日の予定を変更し、とりあえず小池さんのお墓をお参りすることにしました。ところが、お寺の周囲を探してわかったのですが「唱行院」が管理する共同墓地は1か所ではないんですね。日曜だったためか、「唱行院」を訪ねてもどなたもいらっしゃらなく、二か所見つけた共同墓地をずいぶん探したのですが、小池さんの卒塔婆は見つけられません。結局、共同墓地全体に手を合わせて帰ってきました。再び東京に行った際には、今度こそ探し当てお参りしたいと思っていますが、お寺さんに聞くしかないですかね。お墓の場所をご存知の方いらっしゃったら教えてください。

    1. あらじんさん

      墓地の中のことはお寺に聞くのが一番なのでしょうね。それにしても物凄い偶然ですね。

コメントを残す