森内俊之八段(当時)からの深夜の着信

将棋世界2001年5月号、沼春雄六段(当時)のB級2組順位戦最終局「勢いと自信」より。

 第59期B級2組順位戦の最終局は3月9日に行われたが、昇級争いの方は1敗の塚田と久保、2敗の阿部と鈴木大の4人に絞られていた。

 私は当日昼頃、対局室に上がって行ったのだが対局者の神経は鋭く、早速土佐に”見届人ですか”と声をかけられた。

 また有森には「私には関係ないですよね」と言われたので「いえ大事な一局ですよ」と答えたが「通行人ぐらいの役でしょう」とそっけなくかわされた。

 共に対局相手が候補者だから、という会話なのだが、あるいは、戦いにくいなあ、とでも思っていたかもしれない。

(中略)

 しかしそれでも行くしかない、という気迫が土佐を誤らせたのだ。これが勢いといえるのだろう。

 9時34分、阿部辛勝。

 これで鈴木の目は消えた。

 阿部は感想戦を終えると控え室の検討には加わらず、そそくさと自室に消えた。

(中略)

 午前0時48分、久保1敗堅持。

 見事な連続昇級だった。

(中略)

 西川-久保戦と同じ0時48分、塚田負けで終了した。

(中略)

 阿部は嬉しい逆転昇級となった。

 しかし誰かその時、阿部にこの結果を伝えたのだろうか。でも果報は寝て待て、とはこういうことなのかと思った。

——–

将棋世界2001年5月号、阿部隆七段(当時)の昇級者喜びの声〔B級2組→B級1組〕「楽しみながら苦しみながら」より。

 当日―。

 最終局、私にしては早く9時半頃に終了。感想戦をして席を立つ。

「やることは全て終わった、後はもう結果だ」

 なんの未練もなく、その時そう思えた。

 しばらくして夜の町へ出、とあるバーで軽い食事をしていた。

 3時間後くらいか、親友の森内八段から携帯に着信音が鳴る。

 その時、確信に近い感情がわいた。

「昇級した」

 あわてて携帯をとると、開口一番「おめでとうございます」と言ってくれた。

「ありがとう」そう言ってグラスを静かに合わせた。

(以下略)

——–

「阿部は感想戦を終えると控え室の検討には加わらず、そそくさと自室に消えた」とあるので、阿部隆七段(当時)は将棋会館5階に宿泊していたのだろう。

21:34に対局終了、

感想戦を1時間やったとして22:34、

「しばらくして夜の町へ出」がきっと23:00頃、

森内俊之八段(当時)からの電話が2:00頃(0:48に終了した対局の感想戦が終わった頃)、

と思われる。

——–

阿部七段は、いずれは将棋会館に戻らなければならないのだから、あまり早く眠らない限り、寝る前には自分が昇級できたかどうかの結果を知ることができる。

しかし、0時や1時頃には結果が出ているかもしれないけれども、酒が入ってしまったので控え室には入りにくいし、そもそも当事者である自分が控え室に戻るのも味が悪い、ということもあったのだろう。

いったん将棋会館の外に出てしまったからには、皆が帰る前には戻れない、の方針だったのだと思う。

そこに飛び込んできたのが森内八段からの電話。

その後、森内八段が阿部七段のいる店に向かって、二人で乾杯をした、という展開。

——–

ネット中継がなかった時代だからこのようなエピソードも生まれるが、現在ならばスマホでほぼリアルタイムで結果を確認できてしまう。

逆に携帯電話が普及する前の時代にもこのようなエピソードは現れない。

そういった意味では、この時のような流れは、長い将棋の歴史の中で10年間程しか起き得ないことだったわけで、将棋史的に貴重な出来事なのではないかと思えてくる。

 

 

タイトルとURLをコピーしました