佐藤康光棋聖「プライベートで会うことはありません。電話もありません」、羽生善治四冠「全くありません」

昨日の続き。

将棋世界2005年8月号、鈴木宏彦さんの第76期棋聖戦五番勝負「佐藤康光、羽生善治インタビュー 五番勝負を前に語る」より。

―第1局を控えての心境は。

佐藤 十分に、少しずつ準備を重ねてきました。

羽生 挑戦が決まってから忙しくて、あっという間でした。

―相手の羽生さん(佐藤さん)の将棋をどう見てますか。

佐藤 気力の充実を感じる。棋譜を見ていても、しんどい将棋をずっと指し続けていますから。

羽生 緻密。他の棋士が考えないところまで読んでいる。序盤から工夫がある。

―お互いにプライベートで会ったり、話したりする機会はありますか。

佐藤 プライベートで会うことはありません。電話もありません。

羽生 全くありません。

―対羽生(佐藤)戦で最も印象に残っている将棋は?

佐藤 平成14年の第51期王将戦第1局。羽生さんの居飛車穴熊に香を2本並べて端攻めした将棋(1図)。この将棋のことは今でもファンの人からあれこれ言われる。

羽生 平成6年の第7期竜王戦第6局。最初に六冠王になった時の将棋。際どい局面が続いたが、2図の先手玉に詰みがないことを読み切って、ようやく勝ったと思った。

―では、対羽生(佐藤)で相手に指されて最も印象に残っている一手は?

佐藤 平成15年の第52期王将戦第4局。相穴熊の序盤で先手の羽生さんがわざと1手損したんです。ずっとありがたいと思っていたけど、3図になってはたと気がついた。この局面、先手の右金が5九にいれば、後手が優勢なんです。

図から△2五歩▲2四歩△同角▲3一飛成△6八角成▲同金右△2三飛▲3二竜△3三飛という手順で。ところが、先手の金が4九にいるので最後の△3三飛に▲2一竜と桂を取られて、後手は3九に飛車を成ることができない。羽生さんは4九の金を動かしたくなくてわざと手損したんですよ。すごいことを考えると思った。

羽生 平成13年第60期A級順位戦終盤の4図で▲7三銀と打たれた手ですね。

羽生 先手は残り4分、後手残り5分。後手玉に何か寄せがありそうな局面で入玉狙いに来られたのにはびっくりした。普通、ここで銀は打てない。

(つづく)

* * * * *

二人が同じ場にいるような構成になっているが、実際には鈴木宏彦さんがそれぞれ電話インタビューした内容を質問ごとに回答を並べ直したもの。

* * * * *

若い頃は一緒に旅行などへ行ったとしても、お互いがトップ棋士になると、この時代、やはりプライベートでは交流がなかったことがわかる。

* * * * *

佐藤康光棋聖(当時)が対羽生戦で最も印象に残っている将棋

佐藤康光九段の戦慄の3段ロケット型居飛車穴熊退治

羽生善治四冠(当時)が対佐藤戦で最も印象に残っている将棋

羽生善治六冠(当時)「相矢倉の攻め合いというのは将棋の醍醐味の一つで、こういう将棋が指せるようになると今より二倍は将棋が面白くなるはずだ」

と、本人にとって最も印象に残っている将棋は、このブログでも過去に取り上げているが、「対羽生(佐藤)戦で相手に指されて最も印象に残っている一手」が指された対局については取り上げていないようだ。

相手に指されて印象に残る一手、とはプロ好みの渋い手になる傾向があるのかもしれない。

 

第66期王座戦第3局対局場「仙台ロイヤルパークホテル」

中村太地王座に斎藤慎太郎七段が挑戦する王座戦、第3局は仙台市の「仙台ロイヤルパークホテル」で行われる。

中継
AbemaTV将棋チャンネル
ニコニコ生放送

仙台ロイヤルパークホテル」は、三菱地所が開発した泉パークタウンのタウンセンター地区に、三菱地所グループのロイヤルパークホテルズの1つとして1995年4月に開業された。

仙台市の市街地から離れた場所(仙台駅から車で30分)にあり、非常に落ち着いた雰囲気。ヨーロッパの森の中にあるホテルのようなイメージ。

icon
icon

〔ホテル内のレストラン〕

ホテル内にあるレストランと昼食向きメニューは次の通り。

◯ガーデンレストラン「シェフズテラス」
ビーフカレー 1,500円
牛タンのグリル ¥1,500円~

◯中国料理「桂花苑」
五目入りあんかけそば 1,700円
五目入りあんかけそば焼きそば 1,600円
海老入りあんかけそば 1,900円
海老入りあんかけ焼きそば 1,700円
海の幸入りあんかけそば 2,300円
海の幸入りあんかけ焼きそば 2,100円
チャーシュー入りそば 1,850円
五目入りチャーハン 1,200円
牛肉入りチャーハン 1,200円
蟹肉入りチャーハン 1,500円
五目うま煮かけ御飯 1,700円
海老うま煮かけ御飯 1,900円
ピータンと豚肉、干し貝柱入りお粥 1,500円
五目入りお粥 1,700円

○鉄板焼「七つ森」
国産牛のハンバーグステーキ フォアグラのポワレ添え 3,300円
蔵王爽清牛サーロインステーキ(60g) 4,800円

〔仙台ロイヤルパークホテルでの食事実績〕

将棋棋士の食事とおやつによると、仙台ロイヤルパークホテルでの食事実績は次の通り。

2017年王座戦
羽生善治王座 ●
昼食 シーフードピラフ
夕食 おにぎり(梅・鮭・おかか)
中村太地六段 ○
昼食 牛たん弁当
夕食 仙台牛ハンバーグステーキ

2015年王座戦
羽生善治王座 ○
昼食 シーフードピラフ
夕食 ミックスサンドイッチ
佐藤天彦八段 ●
昼食 仙台牛ハンバーグステーキ
夕食 ミックスサンドイッチ

2013年王座戦
羽生善治王座 ●
昼食 海鮮焼きそば
夕食 ミックスサンドイッチ
中村太地六段 ◯
昼食 仙台牛ハンバーグステーキ
夕食 ステーキ丼

〔昼食予想〕

両対局者とも牛肉系100%である可能性が高い。予想は次の通り。

中村太地王座
昼食 牛たん弁当
夕食 仙台牛ハンバーグステーキ

斎藤慎太郎七段
昼食 仙台牛ハンバーグステーキ
夕食 牛たん弁当

* * * * *

icon
朝食メニューのエッグベネディクト

icon

佐藤康光棋聖(当時)「少し考えるので、30分後にもう一度電話してください」

将棋世界2005年8月号、鈴木宏彦さんの第76期棋聖戦五番勝負〔佐藤康光棋聖-羽生善治四冠〕第1局観戦記「妥協なき攻め合い」より。

 この棋聖戦第1局を数日後に控え、両対局者に電話でインタビューしたのが6月5日夜。それぞれ30分ほどの短い時間だったが、内容は盛りだくさんだった。

「佐藤さんとの将棋で最も印象に残っている一手は何ですか」という質問に対して、羽生はノータイムで平成13年A級順位戦の▲7三銀(後述のインタビュー参照)を挙げた。言葉を聞いていて、その局面と将棋の内容が一瞬にして頭に浮かんだ様子が分かる。十代の頃から全く変わっていない、「羽生の頭脳」である。

 頭の中が常に理路整然と整理されていること。その結果、外からのアクションに対して瞬時に反応できる態勢ができていること。これは羽生という人間の持つ大きな特質の一つであり、これがその将棋の技術を支える重要な基盤になっているのは間違いない。

 一方の佐藤は同じ質問に対して、「少し考えるので、30分後にもう一度電話してください」と言った。この几帳面さと律儀さも佐藤の特徴である。

 佐藤が挙げたのは何気ない序盤の一局面だった。かなりマニアックなプロでなければ気付きそうもない羽生の複雑な工夫。それを敢えて「これしかない」と指摘するところが佐藤らしい。

 対羽生戦を得意にしている棋士はほとんどいないが、佐藤も例外ではない。過去、佐藤の対羽生戦の成績は25勝59敗。最近10局に限っても1勝9敗!

 にも関わらず、インタビューの最後に佐藤は、「今回の五番勝負は勝つ自信があります」と言った。佐藤のことだから何かはっきりした根拠があってのことに違いない。今回の棋聖戦は面白くなると思った。

(以下略)

* * * * *

羽生善治竜王、佐藤康光九段の個性がそれぞれ十分に発揮されているエピソード。

羽生世代の棋士全員に同じ質問をして、それぞれの棋士の反応を知りたい。

* * * * *

「○○さんとの将棋で最も印象に残っている一手は何ですか」という質問。

これは観る側でも「○○さんの将棋で最も印象に残っている一手は何ですか」という質問に置き換えて考えてみると楽しいかもしれない。

自分にとって升田幸三実力制第四代名人の将棋で最も印象に残っている一手、大山康晴十五世名人の将棋で最も印象に残っている一手などなど。

最も印象に残っている一局を選び出すよりも難しいような感じもする。

最も印象に残っている一手が、最も印象に残っている一局で指された手ではない場合も多いと思う。