2010-04-15

将棋雑文

大野・升田・大山兄弟弟子(前編)

升田幸三実力制第四代名人は、木見金治郎九段門下だが、将棋を鍛えてくれた実質的な師匠は兄弟子の大野源一九段だった。 (久保利明棋王・王将は、将棋年鑑のアンケートの”故人を含めて指したい棋士”で大野源一九段の名前を挙げている) 升田少年が入門し...
タイトルとURLをコピーしました