大内延介九段、アカシヤ書店など

大内延介九段の引退対局(竜王戦5組残留決定戦 対 石田和雄九段戦)が4月20日に行われ、大内九段が勝利を収めた。

勝って引退というのは、順位戦か竜王戦残留決定戦(4組、5組)だけにしかないケースになる。

とても良い引退対局になったのではないだろうか。

なおかつ対局相手が、A級順位戦で何度も戦ったことのある石田和雄九段。

—–

大内延介九段には、1995年に為書き(誰のために書いたものかを書き添えられている)の入った「将棋の来た道」のサイン本をいただいたことがある。

大内延介九段の落款は「延」。

とても感激したものだった。

—–

私は、為書きサイン本をもう一冊持っている。

マジシャンの小林恵子さんの「本気十番勝負」。

2001年の将棋ペンクラブ交流会の時にいただいた本だ。

あの日に見た小林恵子さんのマジックは忘れられない。

裏返し折り重なりながら一列になっている53枚のトランプを、一気に引っくり返すと、ハートのカード13枚のみが表になるという、神のような技。

—–

アカシヤ書店の星野さんによると、古本の価値としては「為書き」は減点要素になるとのこと。

ただし、為書きされた人が著名人になると、急に価値が高まるという。

最近、三島由紀夫が為書きされている古本が市場に出て、話題になっているらしい。

—–

ところで、将棋の古本の希少本というと、江戸時代や詰将棋の本を除くと、大野源一九段の「大野の振飛車」。

誰も手放さないから希少本になっているのだろう。

アカシヤ書店にも先日久々に「大野の振飛車」が入ったが、即日で売れてしまったという。

—–

アカシヤ書店の星野さんによると、結構売れている最近の絶版本が藤倉勇樹四段の「相振り飛車 基本のキ」。

たしかに、Amazonでもプレミアムがついている。

相振り飛車 基本のキ (マイコミ将棋BOOKS)相振り飛車 基本のキ (マイコミ将棋BOOKS)
価格:¥ 1,449(税込)
発売日:2007-09-28