2010-04-26

観戦記

ゼニになる将棋(前編)

升田幸三九段が7局中5局升田式石田流を採用して大山康晴名人と激闘を繰り広げた1971年の名人戦終了後、この二人の対局は2局しか行われていない。 今日から3日間、そのうちの一局を紹介したい。 1974年度A級順位戦、升田幸三九段(...
タイトルとURLをコピーしました