2016年を振り返る(多く読まれた記事)

2016年、トップページ以外で多く読まれた記事TOP30。

  1. 村山聖八段(当時)の急逝が将棋連盟に伝えられた日
  2. 先崎学六段(当時)「彼が死ぬと思うから俺は書くんだ」
  3. 藤井猛九段「こっちは優秀かどうかで戦法を選んでない。指してて楽しいかどうかなんだから」
  4. 羽生善治五段(当時)「いえ、森内君の妹にはかないません」
  5. 森信雄六段(当時)「村山君よ、安らかに」
  6. 42人の棋士が語る故・村山聖九段
  7. 渡辺明五段(当時)「羽生さんにビールをついできたいのですが……」
  8. 1998年8月11日の羽生善治名人
  9. 河口俊彦六段(当時)「郷田君は、冗談じゃない、と真剣になった」
  10. 羽生善治五段(当時)「そんなこと怖くて言えません」
  11. 対局室内が一瞬で凍りついた出来事
  12. 谷川浩司名人(当時)「この男、将棋で負かした上に何の話があると言うのだろう」
  13. 森下卓八段(当時)「大地が生まれてきて、あまりに可愛いのに驚いた」
  14. 渡辺明竜王「私が考える新世代が羽生世代に押されている理由」
  15. 羽生善治四冠「彼は本物の将棋指しだった」
  16. 名人戦第2局の逆転劇とテレパシー
  17. 佐藤康光竜王(当時)「休み?休みなんか要るんですか。だって勉強は労働じゃないでしょう」
  18. 「私、森内の妹です」
  19. 羽生善治竜王(当時)「この急戦形の将棋は、駒を引いたら負けなのです。前進あるのみ、なのです」
  20. 故・米長邦雄永世棋聖は言っていない「兄達は頭が悪いから東大へ行った。自分は頭が良いから将棋指しになった」
  21. 天野貴元さん逝去
  22. 羽生善治四冠(当時)「藤井システムを教わろうと思ってます」
  23. 先崎学六段(当時)「無神論者の僕だが、あの状態で、あれだけの将棋を指す奴を、将棋の神様が見捨てる訳がない。本心からそう思えてならなかった」
  24. 羽生善治名人「体力は森内君にかないませんよ」
  25. 渡辺竜王と藤井九段が驚いた、驚異の羽生マジック
  26. 羽生善治五冠(当時)と畠田理恵さんの出会い
  27. 丸山忠久九段の結婚
  28. 山崎隆之四段(当時)「ウソダロ、ナンデダヨ」
  29. 羽生善治王座の、控え室の誰もが思いもつかなかった恐ろしい着想
  30. 佐藤康光名人(当時)「私の将棋は全面的に彼に認められていなかったと思う」

——–

それでは皆様、よいお年を。

 

 

コメントを残す