佐藤康光九段の入門時代

明日は棋王戦第2局。

今日は、挑戦者の佐藤康光九段の入門時代の話。

近代将棋1996年2月号、青野照市九段「実戦青野塾」より。

***

佐藤(康光九段)が奨励会に入ったのは、昭和57年12月、中学1年の時であった。その前の二~三年、佐藤は師匠の田中魁秀八段の自宅教室に通って強くなった。

「最初はもちろん弱かったけど、しっかりした子供やなあと思うた」

田中の回想である。土曜の教室が終わった後の片付けをし、それから師匠との特訓が始まる。遅くなった日は、師匠宅に泊り込むこともあった。ちょっとした、通いの内弟子といった感じだった。

佐藤は師匠に直接教えてもらって強くなった、数少ない例の一人である。奨励会に入る直前頃は、すでにたまには平手で師匠を負かすようになっていた。無論、練習将棋でのことだが、感想もハッキリ自分の意見を言うので驚いたと言う。

奨励会に入って間もなく、佐藤一家は、父親の転勤で、関東に移ることとなった。田中がまだ中学生だった弟子を心配して、

「東京で面倒見てくれる先生を紹介するし、何やったら師匠を変えてもええよ」

と言ったのを、佐藤は大丈夫ですと言って断った。

「将棋やめたらあきまへんで」

これが田中のはなむけの言葉であった。

この子はモノになるという予感があったと言う。

後年、佐藤は私の主宰する研究会に来ていたことがある。四段になった直後くらいだったろうか。その佐藤を見た私の妻が、

「佐藤さんはいい顔をしている。目が違うのよ」

と言っていたことがあった。どう違うかというと、人と話している時でも、何か遠くを見ているような目なのだと言う。

これと同じことを、最近もう一度言った。森内俊之八段が、伊豆高原の自宅に遊びに来たときである。冗談で、霊媒師になれば良かったと言っている妻には、何か違うものが見えたのかもしれない。

*****

タレントで多くある例だが、写真よりも実物のほうが数倍男前なのが佐藤康光九段だ。なんらかのオーラを持っている感じがする。

それにしても、青野九段の奥様も本を書けば、かなり面白いのではないだろうか。

 

 

「佐藤康光九段の入門時代」への2件のフィードバック

  1. ある時期数年にわたり『将棋世界』誌に将棋とは全く無縁の会社の広告が掲載されていました。私は長い間何故その会社が広告を出しているのかが全くわかりませんでしたが、後にあるところから、その会社が佐藤九段のお父様が勤められていた会社であることを知りました。
    会社が、佐藤親子に負担にならないように、さりげなく佐藤九段の応援と将棋界への貢献をされていたのではないかと思います。
    その後、お父様は転勤で再度関西に戻られたようです。
    (現在は退職されていると思います)

  2. いいお話です。
    掲載場所にもよりますが将棋世界の広告掲載料は数万~下のほうの数十万円だと思ったので、本当に本気な応援ですね。

コメントを残す