2009年度順位戦食事別勝敗統計(食事分類編)

2009年度順位戦全対局の食事別勝敗分析、今日は食事分類から勝敗を見てみたい。

将棋棋士の食事とおやつのデータによる)

個別の注文メニューを11種に分類した。

それぞれの注文回数は次のとおり。

うどん系 284回

丼系 226回

そば系 207回

定食系 84回 

ラーメン系 58回

カレー 48回

雑炊系 30回

焼きそば 25回

寿司系 23回

チャーハン 22回

冷やし中華 15回

うどん系の注文が最も多く、東京で139件、大阪で145件。ちなみにそば系は東京で131件、大阪で76件。

寿司と天丼の注文が意外と少ない。

なお、夕食では、丼系、うどん系、そば系の順の注文数になる。

更に細分化した分類で勝率を見てみたい。

[麺類]

うどん(温) 145勝117敗 0.553

うどん(冷) 10勝12敗 0.455

そば(温) 64勝42敗 0.604

そば(冷) 53勝48敗 0.525

ラーメン系 30勝28敗 0.517

焼きそば 7勝18敗 0.280

冷やし中華 11勝4敗 0.733

うどん系、そば系とも、温かいほうの勝率が高い。

反面、焼きそばは不調で、冷やし中華は絶好調。

ラーメンはなかなか微妙なところ。

なお、うどん(温)、そば(温)、そば(冷)は、それぞれ東京と大阪にメニューが存在するが、上記の傾向に地域差はない。

うどん(温)東京 69勝49敗 0.585

うどん(温)大阪 76勝68敗 0.528 

そば(温)東京 28勝20敗 0.583

そば(温)大阪 36勝22敗 0.621

そば(冷)東京 44勝39敗 0.530

そば(冷)大阪 9勝9敗 0.500

[丼]

親子丼系 42勝26敗 0.618

カツ丼系 15勝18敗 0.455

うな重系 25勝37敗 0.403

その他丼 26勝33敗 0.441

親子丼系は、多くの棋士に支持され高い勝率。

カツ丼系、うな重系が思いのほか苦戦。

親子丼系東京 18勝11敗 0.621

親子丼系大阪 24勝15敗 0.615

カツ丼系東京 6勝6敗 0.500

カツ丼系大阪 9勝12敗 0.429

[ご飯系]

雑炊系 21勝9敗 0.700

カレー 18勝34敗 0.346

チャーハン 17勝5敗 0.773

雑炊系は、宮田敦史五段、上野裕和五段、横山泰明五段による貢献が大きい。

チャーハンは今後の成長株か。

[定食]

定食(肉) 23勝19敗 0.548

定食(魚) 11勝11敗 0.500

定食(野菜) 4勝2敗 0.667

定食(中華) 9勝5敗 0.643

定食系は、高橋道雄九段と丸山忠久九段の戦績に大きな影響を受ける分野である。

[寿司]

寿司 6勝17敗 0.346

お祓いが必要ではないかと思うくらい、不思議と寿司が勝てない。

明日は、個別メニュー編。

(つづく)

コメントを残す