ゼニになる将棋(中編)

昨日に続き、1974年度A級順位戦、升田幸三九段(先)-大山康晴九段(棋聖)戦。

東公平さんの「名人は幻を見た」、ゼニになる将棋より。

手とともに、二人それぞれの会話や行動が絶妙。

(太字が東公平さんの文章)

—–

▲5二歩成に△5六歩。

「えらい強い手だな」と升田。

中原名人が見に来ている。升田、パチンとたたいて▲6七金。大山△7四香。恐ろしいパンチだ。

4 (1)

ここから▲7五歩△同香▲同銀△同金▲5六飛。

銀損になるが、△5七歩成を防ぐことを優先させた。5六の飛車はこの後殺される。

「扇子がないから調子がおかしいんだ」と升田がいった。「扇子買うてこよう」と立ち上がり、升田は廊下へ出て行く。

大山が「扇子なんてあるわけないさ」と、うわごとみたいな感じで早口につぶやいた。

なるほど、階下はガランドウなのだ。半月前に高輪の仮事務所へ引っ越したあとだ。むろん升田は手ぶらで戻ってきた。

(新会館建設のため、旧会館では最後の対局日だった)

5

六時十分、夕食のため休憩。

七時に再開された。▲4三と△同金▲3四銀打と進んだ。

「大野流の攻め方やな」と升田がいった。

大野源一九段の芸術的な捌きは有名だが、▲3四銀打(第5図)のような重厚な攻めも多かった。

△4二金だと▲4三香△3二金▲5二とでまずいので、△5四金。

この後、升田九段は▲5二とと寄り、▲2六香を打ち、▲1四銀からの詰めよを狙う。

大山棋聖は△1三玉という非凡な受けで指し切らせにかかる。

6

2五の銀は死んでいるが、▲6八角が絶妙手。△4六歩と防ぐが、平気で▲同角。△同銀では詰まされてしまうので△同角しかない。升田九段の5九にあった角が一気に捌けてしまった。

観戦の棋士がふえ、七、八人になった。

升田が左を向いて「これは名局だ」と言った。

「双方とも全力で指した」―突然解説が入ったので皆いっせいに苦笑する。

大山が「名曲鑑賞の夕べか」と茶化して笑わせた。絶対に(対局中は)会話をしない大山と升田の唯一の接触だった。

(つづく)

ゼニになる将棋(前編)

升田幸三九段が7局中5局升田式石田流を採用して大山康晴名人と激闘を繰り広げた1971年の名人戦終了後、この二人の対局は2局しか行われていない。

今日から3日間、そのうちの一局を紹介したい。

1974年度A級順位戦、升田幸三九段(先)-大山康晴九段(棋聖)戦。

この二人は、対局においてお互いの持ち味を最大限に引き出しあう組み合わせだったのではないだろうか。

升田流のいかにも振飛車らしい技、大山流の手厚さが随所に出てくる。

東公平さんの「名人は幻を見た」、ゼニになる将棋より。

対局中の会話が絶妙だ。

(太字が東公平さんの文章)

—–

両対局者は榧の間にいて、それぞれ別な人と雑談をしていた。テレビの撮影があるらしく、コードが張りめぐらされていた。

「時間かな?」―やわらかい声で大山九段がそういってサッと上座に座った。升田九段も、無意識にだったと思うが上座にすわろうとしていたので、ちょっと大山さんに席を取られたかっこうになってしまった。私のうしろを回って反対側にすわった。

大一番である。板谷、大内をひねった升田は火と燃えている。「次は大山君だったな」といったのは、大内を負かして、感想戦を終わった時だった。

大山の心境、私には全然わからない。口もとを引き締め、兄弟子にあたる升田の、無遠慮な視線をがっちりと受け止めた姿。

▲7六歩△3四歩▲7五歩で始まった。

「升田式石田流」―しかし手堅い△6二銀を見た升田が、あっさり▲6六歩とやって、まっとうな振飛車に転換した。

1

升田九段は石田流本組みにすることも可能だったが、△8五歩に対し▲7七角として▲6八角と引く、現代でいえば藤井猛九段が好んだ形の石田流にした。

「テレビ局はよう知っとる」と升田がいった。「今日は名人決定戦や。イナカでカイコ飼うとった本当の名人が、二十年ぶりに出て来ました」

カメラマンにこの冗談が通じたかどうか。隣席の二上と米長がふくみ笑いをしていた。テレビカメラは、実は塾生の永作君の生活を取材に来ていたので、彼が大山さんの食事の注文をきくところでライトがつき、テープレコーダーがまわった。

大山は「そうね……堅い焼きそばにしよう」と答えた。

升田九段の昼食のことは書かれていないが、東公平さんの著書によると、「ゆで卵2個」のように簡単に済ませることも多かったらしい。

2

▲7五銀型の石田流は、升田九段好みの形。

ここから▲5五同歩△同銀▲3五角△4四銀▲6八角△5三金と進む。

後手は3五の歩を只で取られて損に見えるが、将来の△2四角からの攻め味を含みにした大山流の柔軟な技だ。

タバコを吸わない大山、記録の青年に「灰ザラ取り替えて」と命じる。

升田の灰ザラを、である。ハイ、青年が立ち上がる。升田、タバコをくわえた。が、火をつけない。マッチを右手に持ったまま盤上をにらむ。灰ザラが来る。升田、マッチをシャッと擦る。そして口もとへ持ってゆく。

(中略)

「みんなこっちを見てる。参考になるんかしら」

大山は私にそんなひとりごとを聞かせた。二上も米長も隣席から注目し、ほかに四人か五人、立って見ている。

3 (1)

▲5三歩は妙手。△同角なら▲6五歩△7四香▲6四歩△7六香▲6三歩成が角に当たる。

大山、ちょっと席をはずして、戻って来た。

「どうもどうもという将棋か」と何だかわからないことをいい、着手は△2四角だった。(▲5三歩△6七歩▲5九角のあとに△2四角)

「名人戦より迫力あるだろう」と升田が、観戦の龍記者にいった。

(つづく)

黒崎昌一ワールド

昨年の3月に、このブログで「面白いエッセイ」という記事を書いた。

これは、仙台の「杜の都 加部道場」のサイトの、加部康晴さんのエッセイ「想い出話」を紹介した記事で、その前日の記事中の「黒崎昌一さんのこと」のクリック率が高かったことも書いている。

黒崎昌一さんは指導棋士で、福島市で将棋道場を経営している。黒崎さんは広津門下で、荒巻門下の加部さんとほぼ同時期に奨励会だった。

黒崎さんの何がユニークかというと、主に次の二点。

(詳細は「黒崎昌一さんのこと」をご覧ください)

  • 切れ負け勝負での、千手観音を彷彿させるような対局時計を押す速さ
  • 話好きで、一度喫茶店に入ると10時間は序の口で、長い場合は15時間超

この黒崎さんと加部さんによるコラボレーションが実現されるらしい。

「杜の都 加部道場」掲示板より。

加部さんの表現が秀逸なので、そのまま掲載させていただく。

—–

黒崎昌一ワールド について、

加部 康晴(383) 投稿日:2010年4月19日<月>19時53分

いよ々待望?の「福島:黒崎道場/黒崎昌一ワールド」ページが同HP上にUPされます。この度のそれは、杜の都道場からのエールとして実施する提携第一弾。続く関連として、黒崎道場の一角に永年埋もれていた貴重なる「古棋書300冊」余りを黒崎さんより、杜の都道場が一括マネージメントを委託され、希望者へ格安価格提供する運びとなりました。目下の予定では、今週末までに蔵書リストをHP上で提示します。例えば、昭和27、8年の「将棋世界」や、昭和40年代の「将棋年鑑」等々。その他マニアには堪らない珍しい棋書ばかりです。尚、同一書籍は複数ありませんので、売り切り時点で随時在庫内容が更新されます。

また6月以降目途で、「<仮称>黒崎昌一子供将棋教室」を現道場外の市内某所において、定期開講される予定です。 同教室の受講生募集周知は「杜の都HP上」で行います。また教室内容も”杜の都流”を取り入れ、あらゆる面で杜の都道場がバックアップします。その他、黒崎道場が飛躍or浮かび上がる為に、実行可能なあらゆる策をプロデュースする考えです。それらについては、以前から懸案したものではなく、2週間前に突然話のなかで決まった事。思いついたら即実行!の加部流と、初動は慎重ではあるものの、土壇場に追い込まれて力を発揮する黒崎流が合致すれば、もしかしたら、まだ々世間に真髄が知られていない”黒崎昌一ワールド”全開のチャンスかもしれない。きっと面白い事になりそうな予感がする。やはり、黒崎さんが表舞台に出てくれば、面白くなくっちゃーしょうがない。 とりあえずは、そうあってほしいと切に思っている。

—–

”質問”について、

加部 康晴(593) 投稿日:2010年4月19日<月>21時36分

本人は至って真面目。むろん意識して周囲を笑わせようとしているわけじゃーない。

それなのに何となく変? そしてそれこそが面白い。

それこそが”黒崎昌一ワールド”の真髄なのです。

冒頭からなんだ? と不思議に思った人もいたかと察しますが、「黒崎昌一ワールド」ってなんですか? という質問メールが殺到?したことから、前項の補足として付記したもの。

わざ々メールで質問する人も、ワールドに嵌る資質ありとお見受けした。

まず、「黒崎昌一ワールド」を手っ取り早く体現するには、直接道場へ出向いて本人と接することでしょう。 但し初心者の人は、ペットボトルを何本か持参したほうが懸命です。

その理由は、黒崎流のいつ果てることのない長時間の話っぷりに耐えられる体力と精神力を補佐するものが必要だからです。

何ヶ月か前に、黒崎道場へ小学生の弟子M君を2泊3日で体験修業させたことがある。

そしてあえて泊りも道場という条件で、そして最大の修練が、黒崎さんに連れられ夕食を兼ねてのファミレスでのこと。そして想定通り、普通の食事時から朝方近い4時まで同所で話に昂じられたそうだ。更に、道場へ戻って小1時間の仕上げがあったとのこと。

実は、それこそが当初の修業第一目的であった。そしてM君は、その苦行を従順耐えたそうだ。それには黒崎さんからも「いゃー、M君は大したもんだ。流石に加部門下だねー、」と褒められたと訊く。

そんな出来事を訊いた普通の親なら、「えっー!」と飛び上がるところだろうが、そこは肝が座っているというか、「そうでしたか。」と別段驚くこともなく、むしろ微笑みさえ浮かべ甘受する度量に、流石の黒崎さんをしても、格の違いを痛感したそうだ。

以上はほんの一端。 すべてにおいて普通じゃないところを普通にしてしまうところが面白いわけで、それこそが「黒崎昌一の世界」と云われる所以である。

たとえば、「想い出話し」を読んで、将棋を教わりたいとか、指しに行きたい、とかは差しおいて、「黒崎さんを一回見てみたい。」という理由で尋ね、気がついたら黒崎ワールドに嵌った、という人も幾人かいたそうだ。

まあーそんなところが、黒崎昌一ワールドのさわり部分になります。

以上、

—–

黒崎道場 専用ページ 初期段階立上げ。

杜の都(235) 投稿日:2010年4月20日<火>23時03分

いきなり話題独占になってしまった感ある?「黒崎道場/昌一ワールド」の専用ページの初期段階が立ち上がりました。

本当は、黒崎さんご本人の近影UPを載せるところでしたが、これじゃー普通すぎて面白くないのでしょう。ということから、ご本人の承諾なしで、黒崎ワールドの象徴?というべき”対局時計”と”お茶”、そして長時間話に必須の”煙草”をモチーフとした似顔絵にしました。こうした発想が浮かぶのも、黒崎さんのキャラクターが在ってこそ成せる業です。

尚、似顔絵の作者は、遠藤美佐(チタ)でした。 流石によく特徴捉えた見事な出来!

そして、黒崎さんからの真っ当な冒頭文が、似顔絵とのギャップを映すようで絶妙とは、レイアウトのセンス良しと、自負したいところでしょうか。

また、道場所在地は福島駅西口より徒歩10分。と表記していますが、これは標準としたものです。まさか、「辿り着くまで迷いに迷って優に30分なら大したもの。クルマの場合、途中、千日手の可能性あり。更に、入口を見つけるのが至難。ようやく入口に入った後、意表を突く急階段が最後の試練となります。」なんて書けませんから。

まあー、黒崎さんのキャラと、それを巧みに描写する”才覚”? という両輪により、類稀な人気ページを目指す所存です。 乞うご期待!

—–

「そして最大の修練が、黒崎さんに連れられ夕食を兼ねてのファミレスでのこと。そして想定通り、普通の食事時から朝方近い4時まで同所で話に昂じられたそうだ。更に、道場へ戻って小1時間の仕上げがあったとのこと」など最高に笑ってしまう。

黒崎昌一ワールドには、どうしても興味がわいてしまう。

昌一 ワ~ルド へようこそ

本当に真っ当な冒頭文だ。

楽天市場将棋関連商品売上TOP10(4月12日~4月18日)

久々に、楽天市場での将棋関連商品売上TOP10を。

名人戦の季節柄、記念扇子などがランク入りしている。

1位 参段免状 

2位 将棋駒が見易い折将棋盤セット■将棋セット 新桂5号折将棋盤セット 竹 

 

3位 代引無料+送料500円!! 【取寄品】5才から★NEWスタディ将棋 [知育玩具/学習玩具/くもん出版]【… 

 

4位 免状額 ほまれ 

 

5位 第68期名人戦記念扇子 

 

6位 名人 羽生善治 扇子「混沌」 

 

7位 五段免状(飛付申請) 

8位 指し味良い将棋駒の売筋定番■将棋駒 シャムつげ 上彫駒【41%OFF】 

 

9位 四段免状 

10位 白扇(普通・小振り) 

 

石立鉄男さん

俳優の石立鉄男さんが亡くなったのは2007年6月1日。享年64歳だった。

将棋が大好きで、晩年は団鬼六さん、カメラマンの弦巻勝さんなどとの交流が深かった。

石立鉄男さんは文学座の出身。1970年のTBS系「おくさまは18歳」の主演で大ブレイクし、日本テレビ系の「パパと呼ばないで」、「雑居時代」、「水もれ甲介」、「気まぐれ天使」、TBS系の「赤いシリーズ」、「夜明けの刑事」、「噂の刑事トミーとマツ」、「スチュワーデス物語」、「少女に何が起ったか」など、数々のドラマで活躍した。

軽妙でコミカルな役からシリアスな医師・刑事役などまで、幅広い芸域を持っていた。

「パパと呼ばないで」の名台詞「おい、チー坊!」は、多くの芸能人に物真似をされている。

その石立鉄男さんが、近代将棋に連載をしていたことがあった。

近代将棋2001年2月号、石立鉄男さんの「石立鉄男の旅立ち紀行 駒師 竹風を訪ねる」より。

—–

私の趣味は、飲む・打つ・買うの三拍子に、陶器、将棋、大相撲、ゴルフ、そして錦鯉と八つある。どれもゴルフでいうとシングル、将棋でいうと段持ち。すなわち、それくらいまでいくと、その道のプロと対話ができるのである。

私はそのことが好きになる前に、その道のある特定の人間にひかれる。その人を解かろうとする、なんとか話したい……と、その一途でそれを始めるということになるわけである。

(中略)

駒師 竹風さんは新潟の燕市に住む。その手前が長岡。その前が錦鯉のふるさと小千谷だ。小千谷だからよもぎ平に行く途中に錦鯉銀座と呼ばれる街道がある。

(中略)

正確には親子二代の竹風ということになる。みなさんご存知のとおり初代は名匠である。

偉大な父親を持ったため、数多くの息子は悲劇に終わる。常に父親と比較されるから、良くて当たり前、悪ければボロボロにされる。

名匠に対する妬み、七光りに対する妬み、落ちて自分以下になるのを世間は望んでいる。そんな中で生きることを義務づけられている人間は、さぞ屈折しや人だろうなーと思いきや、なんとも明るい。職人というより商人に近い、磊落さと軽さ、それでいて神経の細やかさ。私と歳が近いせいか話も弾み門外不出の駒を見せてくれた。本人曰く「非売品です」。

(中略)

この二人はこれから良い作品をどんどん作り上げるだろうと予感した。

王将と書かれたちとヒン曲がった看板もこの人たちにピッタリだ。

北の地に細々としかもしなやかに生きている「ホンマモン」に会った。

—–

今回、この文章を取り上げたのは、「妬み、落ちて自分以下になるのを世間は望んでいる」の部分があったため。

抜き身の日本刀のような、あまりにも激烈な表現だ。

石立鉄男さんは芸には厳しいが本当に好人物だったらしい。

芸能界は浮き沈みの激しい世界。石立鉄男さんが芸能界で生きてきて、痛切に感じたことのひとつが言葉として現れたのではないだろうか。

—–

私は石立鉄男さんを見たことが二度ある。

一度目が大学時代。

「気まぐれ本格派」というドラマの撮影が大学のそばの老舗貸衣装店で行われており、たまたま前を通りかかった時に、石立鉄男さんと木の葉のこさんが貸衣装店の向かいにある喫茶店に入る姿を見たのが最初。

二度目は、プロ棋士や将棋関係者がよく行っていた新宿にあった寿司店で、隣の隣の席に石立鉄男さんが座っていた。

直接お話をしたわけではないが、とても人柄が良さそうな方だった。

—–

石立鉄男さんが出演するドラマは数多く観たが、個人的に好きなのが、1985年のTBS系「少女に何が起ったか」の刑事役だ。

主演は、人気絶頂の頃の小泉今日子。

毎晩12時になると小泉今日子の前に現れる刑事役の石立鉄男の「この薄汚ねぇシンデレラ」はあまりにも有名な台詞。

私がリスペクトする大映テレビによって制作されたドラマだ。

大映テレビの大映ドラマは、「大げさで感情の起伏の激しい芝居」、「泥沼にはまるようなストーリー展開」が特徴。