名人のプレゼント

将棋世界2004年3月号、弦巻勝さんの「あの日、あの時、あの棋士と」より。

 年末に作家の渡辺淳一先生の忘年会に参加して、そこで中原誠会長に会いました。そのパーティーの後呑みに行ってね、有馬記念の話になりました。

 中原さんが、「有馬記念ね、ツルマルボーイという弦巻さんみたいな名前の馬が出るのね、僕、それから流して買おうと思っているんです。良かったら乗りませんか……」

「はい、僕、競馬解らないから名人、宜しくお願いします」。僕は中原さんを会長とか先生と呼ばない。だれが名人になっても僕の中では中原誠名人なんですね。

 で、有馬記念の当日、午前中に二日酔いでひっくり返っている僕の自宅に名人から電話。「あの…天気の関係でね、買う馬が変わりました。一応馬の番号言いますから控えて下さい」

 テレビ中継観ていたら、これがピッタリ当たって、嬉しいから、よっぽど名人の所に電話しようと思ったのですが、いつも酔っぱらって、多くの棋士に迷惑電話掛けているから酒が抜けているとできないんですね。メモした紙切れを握りしめ家の中で飛び上がっていました。

 次の日、湯河原で入院している森ケイジ九段のお見舞い。待ち合わせした駅でニコニコ顔で近寄ってくる名人の両手を押さえて握手。そして「これ…」っと綺麗な封筒を、名人。

 これ僕の部屋にピンで今とめてあります……その封筒ね。財布に入れると酒と麻雀ですぐになくなっちゃうんですね。

 今年も、こんなヨッパライの僕ですが宜しくお願い致します。

——–

夢のようなうらやましい話だ。

それにしても、中原誠十六世名人は天気の変化で買う馬を変えて当ててしまうのだからすごい。

当時の有馬記念の記録を見てみると、

1位がシンボリクリスエス(1番人気)、2位がリンカーン(4番人気)、3位がゼンノロブロイ(3番人気)、4位がツルマルボーイ(6番人気)だった。

配当は単勝で260円、中原十六世名人が買ったと思われる馬単で1,980円。1,000円勝っていれば19,800円ということになる。

——–

しかし、中原十六世名人のことなので、もしはずれていたとしても、後日、弦巻さんが投資した金額以上のごちそうを弦巻さんにしていたと思う。

そういう意味でも、弦巻さんにとっては現代のお伽話のような出来事だったと言えるだろう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました