「あんた、相手が羽生だったら投げたでしょう」

将棋世界2005年5月号、河口俊彦七段の「新・対局日誌」より。

 前号でちょっとふれた、B級1組の島八段対阿部七段戦は稀に見る大熱戦だった。途中から阿部必勝となったが、終盤に粘られて島逆転勝ちで終わった。

 長い秒読みの戦いの後、敗れた阿部七段はカッとなったか「あんた、相手が羽生だったら投げたでしょう」と叫んだ。すると島八段は「そんなことはない。でもあんたの顔を見ていると、投げられなくなってしまって…」と言ったとか。

(以下略)

* * * * *

これは、「相手が羽生であってもなくても普通なら投げている。でもあんたの顔を見ていると、投げられなくなってしまって」と読み取れる。

もっと簡略化すれば、「あなただから投げなかった」と解釈できてしまう。

文字面だけを見ると、かえって火に油を注ぐような言葉に思えるが、実際の会話ではソフトな口調や表情なども加味されるので、雰囲気は異なっていたのだろう。

* * * * *

阿部隆八段は10年ほど前からおとなしい感想戦を心掛けているという話だが、阿部隆八段の感想戦は勝っても負けても面白い。

仏の感想戦・鬼の感想戦

 

コメントを残す