2019-01

将棋関連書籍Amazon売上TOP10

将棋関連書籍amazonベストセラーTOP30(2019年1月19日)

amazonでの将棋関連書籍ベストセラーTOP30。
読む

「勝つ気なんかなかったんだよ。だけどあんたはまずすぎるね」

将棋マガジン1986年4月号、川口篤さん(河口俊彦六段・当時)の「対局日誌」より。  大山-二上戦はいつものように特別対局室で行われている。私がいったときは大山が席を外していて、二上がかがみこむようにして考えていた。無言、室内はひっそりと...
読む

「切れ味がいいとは思わない。噂ほど序盤が下手とも思わない。終盤が強いとも思わない。でも終われば、必ず羽生君が勝っている」

将棋マガジン1986年3月号、「公式棋戦の動き」より。 「いやあ、大変な強さですよ。同じ強くても中田功君あたりは強引なところがありますが、羽生君は異質ですね。力むとこなく自然に指して勝っちゃうんです」千駄ヶ谷駅で偶然一緒になった森下が語っ...
読む

NHK将棋講座2019年2月号「山崎隆之NHK杯-丸山忠久九段戦」観戦記

今日は、NHK将棋講座最新号の発売日。 ◯表紙は森内俊之九段、谷川浩司九段、羽生善治九段のイラスト。 ○深浦康市九段の講座「振り飛車なんてこわくない」、2月のテーマは「角交換振り飛車を攻略しよう」。1週目が四間飛車→向かい飛車、...
奨励会

羽生善治新四段(当時)「これからの僕の目標は名人です。やはりこういう将棋の世界に入ったのですから、最高位を目指してみたいと思います」

将棋マガジン1986年3月号、羽生善治新四段(当時)の自戦記「昇段の一局 目標は最高位の名人!」より。  12月18日、昭和60年最後の奨励会でした。この日までの成績は11勝4敗、後2連勝で四段昇段でした。そしてこの日が僕にとって...
タイトルとURLをコピーしました